裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

とよたかずひこ絵本の世界

夏休み中、仙台文学館で「とよたかずひこ絵本の世界」展が開催中です。
30日は、とよたさん本人のギャラリートークがあるので、頑張って出かけました。

moblog_e96a2008.jpg

ももんちゃんのお出迎えです^^。
この日、10時からサイン会の受付があったようですが、私が到着した40分ごろにはすでに満員で終了!
とよたさんは、おはなししながらサイン(お絵かき?)してくれるので、人気ですよね~。

ギャラリートークは、大人向けにラフが印刷絵本になるまでや、それぞれの絵本ができるきっかけなどを原画を見ながら話してくれました。
ただ、いろんな資料を片手に抱えているものだから、時々資料を置いたり、また抱えたり、大変そう(-_-;)。
ちょうど、すぐ近くにいたので、思い切って「お持ちします」と声をかけたら、
親切なおばさんと思ったのか、「ありがとう」とまかせてくれ、
その後は、こっちの資料を手渡せば、向こうの資料を当然のように差し出してきて、
臨時の助手をつとめることになりました(笑)。
でも、そのおかげで、ずっと近くでお話を聞くことができ、得しました。

お子さんのために絵本を描き始めたのが、今やお孫さんが中学生とか。
まだまだ描いていて欲しいですね。

「ヤモップさん、ぴたっとかいけつ」

19日から杉山さんの「ものがたりらいぶ9デイズ」の受けつけが始まり、数日は問い合わせやらなにやらで、ものすごいことになってましたが、1週間もたつとだいぶ落ち着いてきました。やれやれ・・・。

小学校から相談されていた選書の候補として読んでみた絵本です。
 「ヤモップさん、ぴたっとかいけつ」 松山円香 あかね書房

ヤモリ好きな子がいるので、目に留まった絵本です。 
表紙はドキドキミステリアスな感じですが、中身はとっても明るいです(笑)。
センスのいい絵で、観てて楽しいけど、この頃、こういったカル~イ内容の絵本が多いなぁ~(-_-;)。
と思ったら、この作者の絵本はすでに数冊でていて、


こちらはアイデンティティーにまつわる哲学的なお話だとか?
今度読んでみよう。

ブドウ大福

イチゴ大福はよく見かけるようになりましたが、
近所の和菓子屋さんにこのあいだから、ブドウ大福という旗がひらめいています。
これは食べてみなくては・・・

moblog_7f83e40d.jpg
というわけで、半分に切ってみました。
色がよくわかりませんが、中に入っていたのは、巨峰!皮つきです。
やはり、ちょっと酸味がある果物が合うのかな?
白あんに包まれた巨峰が、大福なのに、夏の和菓子の味わいです。
す・ご・い!



「ものがたりライブ9デイズ」受付始まる!

前にもお知らせしましたが、
杉山亮さんの「ものがたりライブ9デイズ」の受付が始まりました。
昨年も開始ダッシュがすごかったようですが、今回も!

やはり、松岡享子さんの回の出足が良く、受付開始3日目の本日、午前の部はすでに満席となりました。
さすがの人気です。
でも、ご安心ください。
杉山さんは毎日やりますし、他のゲストの方も楽しみな方ばかりです。
私は一応、24日に行く予定です。

まだまだ始まったばかりで、余裕がありますから、じっくり考えて申し込んでくださいね^^。

ST*F小 1学期最後

moblog_f73e8b98.jpg

こちらも栴檀の花が満開です。
1学期最後だというのに、3時間も授業支援に入ることになり、ほとんど図書室の仕事ができませんでした(-_-;)。
夏休み貸出は済んでるはずですが、児童数が少ないので、ほとんど変わりがない状態です。

まず、1~3年生におはなし会。
・絵本 「おばけでんしゃ」 
 

・絵本「たこなんかじゃないよ」
 

・ペープサート 「口の大きいカエルの子」

・手遊び 「いわしのひらき」

・絵本「おっきょちゃんとかっぱ」
 

・語り「真っ赤な口」

1年生は初めてだったので、楽しくきける夏向きのおはなしを準備しました。
今日読んでみて、「おっきょちゃんとかっぱ」は長めのお話だけど、飽きずに聴けるいい話だと改めて感じました。
降矢ななさんの絵にも、子どもたちは惹きつけられたみたい^^。

そのご、3年生に目次・索引・百科事典の引き方。
6年生に発表の仕方の紙芝居。

そうそう、杉山亮さんの新作おはなし迷路も廊下に貼ってきました。
moblog_1d943a59.jpg
ずーっと前に出版した「イソップものがたり」をちょっと大き目な迷路に仕立ててあります。
少しだけ遊んでみてください。
う・さ・ぎ・と・び・は・に・が・て。・・・・・・・私もです(笑)。