裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

おまけの旅

今日は月曜、娘は朝から仕事に出かけたので、不安ですが、一人で観光です。
朝早かったので、時間つぶしがてら、明石海峡大橋まで。
moblog_f120ff2f.jpg
向こうに見えるのは、淡路島です。
橋の真下を歩けるので、迫力あります。
いろんな船が行き来して、のんびりといつまでも眺めていられます。

電車で三宮まで戻り、北野異人館街へ。
神戸も山が迫っているので、北は上り坂になります。
moblog_7a7f3dd1.jpg
歩いていると、こんな消火栓を発見♪
そうそう、大阪では、太陽の塔のマンホールもありました。

とにかく、観光客らしい人たちが行く方向へ行けば大丈夫じゃないかな~。
ほらね、ちゃんと異人館街に着きました。
moblog_105a23ab.jpgここの庭で、NHK朝ドラ「べっぴんさん」の撮影があったそうです。  

moblog_7e299e69.jpgここも、昔の朝ドラ「風見鶏」の舞台。お部屋の家具や意匠が素敵でした。  

moblog_dc7edf9a.jpg
1番人気らしい洋館。マイセンの食器や絵画など、美術品がとにかく凄いおうちでした。

この後は、六甲山へ。
電車→バス→ケーブル→バスと、思ったより時間がかかり、とんぼがえりになりそう。
高山植物園を観たかったけれど、とても無理。
ガーデンテラスのお花でがまんです。 ピーターラビットフェアで、イングリッシュガーデンになってました。
moblog_32e58d0f.jpg  moblog_2726787e.jpg

せめて、おしゃれなお店でお茶だけでも。
moblog_df0c1d7b.jpg

神戸の街が一望できて、気持ちいい~。夜景は素敵でしょうね。
moblog_3883728f.jpg

時間はあっという間に経ち、なんとか飛行機に乗りこんで、無事帰ってくることができました。
ちなみに、帰りは富士山は雲にうもれてました。

熊野古道へ 3

2日目、朝起きたら雨がザーザー降っていて肌寒い、がっかり。
でも、出かける頃には雨が上がりました。やったね^^。
宿の送迎サービスで、今日の出発地、発心門王子まで車で送ってもらいました。
熊野本宮大社がゴールの人気のコースなので、世界遺産の石碑もあり、昨日とは違って観光客もチラホラ、歩こう会のような団体さんもいます。
moblog_51b4ae54.jpg

まずは、民家が続く道を歩きます。
団体さんとつかず離れず進みながら、どこかで抜きたいと思っていると、
ちょうど水呑王子で団体さんが休憩となりました。『水ようかん一個、○○一個~』なんておやつの指図の声が聞こえます。
ここから先は、石畳とまではいきませんが、ちょっと風情のある道に。
moblog_548b9e71.jpg moblog_34b085a0.jpg花模様のようなシダ。   moblog_4dbfc2c7.jpg

そうこうするうち、伏拝王子へ到着。
ここまで来ると、本宮が彼方に見え、感動のあまり伏して拝んだことが由来だそうですが・・・実際には、見えない?(-_-;)
もう少し先に見晴台があり、そこから見えると聞き、安心。
お休み処で休憩することにしました。
昨日とは違い、こちらのコースはトイレもあちこちに整備されています。
温泉コーヒーに梅ジュース、ドーナツを頼んで、全部で500円。
特に、梅ジュースは梅のエキスと甘さ加減がいい感じ。そろそろ梅シロップ作りの時期ですが、こんなシロップが目標ですね。

見晴台めざして出発しますが、どんどん下っている?
そのうち、三軒茶屋跡へ。茶屋があったのは、高野山からの小辺路との分岐点だから。
moblog_cc00c727.jpg
高野山まで78キロ!
車道の案内ではありません、歩きです。
よく4日の行程になってますが、毎日、1日中歩いて4日です(-_-;)。

このまま本宮に着いてしまうのではないかと思うほど歩いたところで、やっと寄り道の看板があり、
脇道を上っていくと、開けた場所へ。
moblog_eb4ff27a.jpg
たしかに、大鳥居が見えます!昔の人の気持ちになれ、なかなか感激的です。
もう少しで到着だぁ~~という気分に盛り上がりますね。
この大鳥居、実は以前本宮大社があった場所になります。本宮大社は、熊野川・音無川・岩田川の3つの川の合流点にある「大斎原(おおゆのはら)」と呼ばれるこの中洲にあったのですが、明治時代の水害ですっかり流されてしまい、現在の場所に移ったというわけです。

そこからはずっと下りになり、祓殿王子を過ぎれば、熊野本宮大社に到着です。
moblog_9ad2e76e.jpg
ジャーン!といきたいところですが、
実は、大社の裏の鳥居から入るという、ちょっとがっかりな・・・。
まあ、北鎌倉から歩いて行って、鎌倉八幡宮に横っちょから入るみたいな感じです。
なので、この写真は、お詣りをすませて出るところで撮影してます(-_-;)。
しっかりお詣りし、お土産を物色し、娘につられて御朱印帳もゲットしました。
moblog_d0f9e94f.jpg moblog_0dca03b7.jpg
八咫烏は神の使いということらしいですが、サッカーファンなら燃えますね、きっと。

ちょうどお昼なので、まずは腹ごしらえ。
それから、先ほど眺めた大斎原の大鳥居へ。
大きな川の中州になんてあったら流されるってわかんなかったのかね~?などと、今だから言えますが、この場所はいわゆるパワースポットだったのでしょう。

昔の人の熊野参詣に比べたら、ほんのちょっとしか歩いてませんが、
たいへん御利益をいただいた気分です。
また、バス、電車と乗り継いで、ひとまず大阪まで戻りました。




熊野古道へ 2

よく熊野古道といいますが、熊野三山への参詣道のことで、伊勢神宮からの伊勢路、高野山と熊野を結ぶ道、小辺路(こへち)と大阪から紀伊半島の西側を通る紀伊路の3本のルートがあります。
その紀伊路も紀伊田辺から山中を行く中辺路(なかへち)と海沿いを行く大辺路(おおへち)があり、
今回は、中辺路の一部を歩いて、熊野本宮大社に参詣することにしました。

さて、バスを降りて、車道から「熊野古道」へ入ります。
まず最初の目的地は、牛馬童子像。
すぐ車道に出てしまい、がっかりしてしばらく歩いていたら、道路左端に「この道は熊野古道ではありません」という立札をみつけ、え?
moblog_ee9a9d84.jpg
あたりを見回したら、左側の山に道らしいものがあります。
すぐ手前から、分岐していたのに気が付かなかったのでした(-_-;)。
この後も、何度も分かれ道があり、なぜか、標識は分岐点ではなく、少し行ったところに建てられていたり、わかりにくいことこの上なし。
moblog_407030e9.jpg
この標識がある道ならOKというわけ。
その後も何度も娘と、「ありません」の標識なかったよね?「熊野古道」の標識あったからここで大丈夫だよね?と、
確認しながら歩いてました(だって、他に誰も歩いてないんです・苦笑)。

牛馬童子像は、山の中にひっそりとありました。
moblog_e9020ceb.jpg
熊野古道のアイドル?だそうです。
たしかにかわいいけど、牛と馬の2頭にまたがっているのはなぜ?不思議な像でした。
娘は、像よりまずスタンプ押し。
(スタンプラリーのような中辺路押印帳なるものがあるのです)

次は近露王子へ。
この王子というのは、プリンスの意味ではなく、熊野古道沿いの一連の神社跡のことのようで、
小さい祠や石碑があるだけだったりします。
なので、スタンプ押しは重要です(笑)。
moblog_a111598f.jpg
近露王子は車道沿いで立派な石碑もあるので、観光客がバスからゾロゾロ降りてきて、賑やかでした。
私たちが楽しそうにスタンプを押しているので、何だろうと男の子がじーっと見てましたね(ちょっと優越感)。

この後は、だらだらと上り坂が続き、気温も上がってきて、かなりきつかったです。
あまりの急坂を蛇行して歩いてみたり・・・(-_-;)。
この上り坂と見晴らし場の順序があいまいですが、たぶん登ってから見晴らしたと思います。
山の間の奥に「乙女の寝顔」が見られました。
moblog_42887ed2.jpg
これで、気分もリセット。
とにかく、まわりは山また山、よく手入れされた杉木立がきれいでした。
moblog_df274dd6.jpg


その後、小さな石碑だけの比曽原王子を通り、
本日の最終目的地、継桜王子に到着。
ここは立派なお社があり、枝が一方だけに生えているという一方杉が有名。
タクシーで乗り付けたおじいさんたちが観光してました。
茶屋があるはずでしたが、閉まったまま、この後のバスの時間も気になるので、
そのままバス停に直行することに。
くねくねとした車道を降りていく途中、「野中の清水」の看板あり。
あまりの暑さに、顔を洗い水を飲んで、しばし休息。
バスで今夜の宿の川湯温泉へ。

宿の前で楽しいマンホールを発見!
moblog_79fd94a6.jpg
夏休みには、川遊びを楽しむ親子連れで賑わうそうです。





熊野古道へ 1

娘が関西にいるうちに、その近辺に出かけたいと思っていましたが、
「熊野古道」が急浮上して、二人で出かけることにしました。

まず、早朝、私がこのポストがある空港へ。moblog_60b387e6.jpg

そして、大阪までひとっ跳び。
途中、富士山がきれいでした!
moblog_49268ab5.jpg

とにかく、分刻みの乗継ぎなので、どこかで乗り遅れたら一大事です。
大阪空港から無事リムジンバスに乗り込んで、やれやれ。
そのバスが時間通りにJRの駅に到着して、またやれやれ。
駅の特急くろしおのホームで、娘と合流してやれやれ。
このあたりでやっと緊張がほどけてきて、早目にお弁当を食べると、気分はすっかり遠足気分です♪
しかし、海沿いを走っているはずなのに、肝心の海がなかなか見えません。
まだかまだかと思っていたら、やっと。
moblog_5246696a.jpg
車窓から見える海も穏やかで、透き通ってます。
この眺めの前に、ちゃんと車掌さんがビュースポットですとアナウンスを入れてくれたのにはびっくりしました。
電車も少しスピードをゆるめたような気もします。

紀伊田辺駅で下車し、またバス。
街中から、どんどん山の中へ高度をあげていきます。
1時間ほど走って、やっと、今日の出発地(!)、牛馬童子口に到着。
ここから、私たちの熊野古道歩きが始まります。





小学校おはなし会

今年度初めてのおはなし会です。
久しぶりにみんなの顔がみられると楽しみにしてたら、
Hさん、Sさんが都合で来られず、学校司書のSさんまで明日の研究授業の準備でお休み(-_-;)。
1年生がひとり、2年生が3人、先生が4人。

さて、今日のメニューは、
・絵本「しっぽ」 長新太 のら書店

  
私も絶対カメレオンと思ったところで、子どもたちも自信をもって「カメレオン!」。でも違うのよね~(笑)。

・絵本「ゆっくりむし」 みやざきひろかず ひかりのくに

 
ゆっくり、のんびり・・・。

・ビッグブック「そらまめくんのぼくのいちにち」 なかやみわ 小学館

 
この時期、そらまめくんは定番ですね。

・手遊び 「雨乞い」?

・新聞紙話 「火事」
 事前の練習は失敗ばかりでしたが、本番はまあ上出来。 子どもたちもホースをもって消火活動を手伝ったのが良かったみたい。

・絵本「ともだちいっぱい」 新沢としひこ・文 大島妙子・絵 ひかりのくに 
 
ともだちいっぱい作ってほしいです。

・語り「アナンシと五」 

・絵本「ねんね」 さえぐさひろこ アリス館
 

ちょっと時間があまり過ぎて、最後の方は付け足し気味になってしまいましたが、
子どもたちはそんな大人の事情はおかまいなく、十分楽しんでくれたようです。
やれやれ。