裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

「神様2011」

しばらく前の朝日新聞、斎藤美奈子さんの文芸時評に川上弘美さんの「神様2011」が掲載されていた。
その時は、サラッと目を通しただけだったが、
実は、その欄の挿絵を山福朱美さんが担当していて、
好きな画家さんなので、よくブログものぞいている。
そこに改めて紹介されているのを読んで、
にわかに「神様~」を読みたくなった。

雑誌「群像」6月号に掲載されていて、短編なんだから、本屋で立ち読みすればいいやと、出かけた時には、時すでに遅し。店頭にあるのは7月号・・・!
こうなると、ますます読みたくなってきて、図書館に出かけるという友人に頼み、コピーを取ってもらう。
お世話になりました。
(図書館がないのは、本当に不便。ただし、「群像」が置いてあるくらいの図書館ね)


川上さんは、1993年に「神様」という短編を書いていた。
くまとわたしが、川原に散歩に出かける話である。くまの神様が話の中に出てくるので、題名が「神様」。
その短編に「フクシマ」のことを匂わせて書き足したのが、今回の「神様2011」。
どんなふうに書かれているのか、読む前は不安だったが、
川上さんのあとがきも含め、好感のもてる内容だった。

ただ、なにしろ森クマなので、くまの生活は他人事ではない。
こんな風であれ、心静かに落ち着いて生活できるなら、それもいいかと思ったりした。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/970-ad05b3f0