裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

図書ボランティア研修会

町に学校図書館支援スタッフができてから、
図書ボランティア向けの研修会が企画されるようになった。
私たち学校司書は、企画側のスタッフとして駆り出されるわけだが、
一緒に勉強できるので大変ありがたい。

今回の研修会は、紙芝居。
講師は童心社の酒井京子氏です。

紙芝居の舞台、演じ方、紙芝居文化についてなどのお話をうかがってから、
参加者の実演講習があった。
事前に演者を決め、練習して臨んでもらったので、
緊張しながらも、みなさんスムーズに演じていた。

にじになったきつね (童心社のベスト紙芝居 おもしろ民話選)にじになったきつね (童心社のベスト紙芝居 おもしろ民話選)
(1981/09/01)
川田 百合子

商品詳細を見る

おうさまさぶちゃん (紙芝居ベストセレクション 第2集)おうさまさぶちゃん (紙芝居ベストセレクション 第2集)
(1966/09/01)
馬場 のぼる

商品詳細を見る

みんなでぽん! (ひろがるせかい) (まついのりこ・かみしばいひろがるせかい)みんなでぽん! (ひろがるせかい) (まついのりこ・かみしばいひろがるせかい)
(1987/05/01)
まつい のりこ

商品詳細を見る


紙芝居の抜き方といった細かい指導もあったが、
演者と参加者の共感が一番大事。
読み方のうまい下手より、まず、コミュニケーションがとれているかどうか、
紙芝居の舞台の中の世界だけでなく、
舞台から外へひろがるという考え方がなるほどと思った。
「語り」とも共通するような気がした。

紙芝居とは、後ろに隠れてやるものだとばかり思っていた!
という声も聞かれたほどだったので、
この研修会をやった意味はあったみたい(苦笑)。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/890-fc46b83c