裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

SLA県大会

今年の県大会は、田村市で開催。
仕事ではなく、居住地の団体研修という形で参加した。
(ややこしいが、ほとんど仕事とかわらない^^;)

まずは、授業見学。
どれを観ると決めていなかったので、いきあたりばったりに
教室をのぞく。
低学年は、発展学習ということで、教科書以外のお話のアニマシオンをやっていた。
かえって、教科書の題材をアニマシオンを使ってどう指導するのかを観たかった。

会場校は、坂の途中の狭い敷地に建てられているためか、
田舎には珍しい4階建ての校舎である。
図書室も、低学年用の絵本、高学年用の読み物、調べ学習用と3つにわかれている。
5つ(?)の市町村が田村市に統合した折に、全学校の図書を、田村市立図書館が管理することになったらしく、
田村市学校図書館蔵書というバーコードが貼られていた。
まだ、順次その作業が進行しているところらしい。

分科会の発表、昼食のあと、
午後は、大会60周年記念講演と今大会の講演と講演が二つ続く厳しいスケジュール。
記念講演は、前SLA事務局長の対崎奈美子さん。
新学習指導要領と来年度からの新教科書で、図書館教育がこんなに各教科で取り入れられているという
とてもタイムリーな具体的なお話で、
もっと時間がほしかったくらい。
最後は『全職員による協働こそ大きな力』となると締めくくったが、
これは、分科会の指導助言者からもあった。
素晴らしい実践があちこちで行われているのは事実。でも、それが単発でなく、
6年間なり9年間ずっと継続されなければ、子どもたちには身につかない。
日頃、もどかしく思っていることをきちんと言ってくれたので、
少し気が晴れた。
とにかく、この講演を聞けたのは、大きな収穫だった。

皆さん、学校図書館にも地球儀を常備するべきかもしれませんよ!

続いての講演、講師は、NPO法人「語り手たちの会」の会員、小阪真理子さん。
当然、語りを実演なさるだろうと期待していたが、実演はなしで、お話のみだった。
ちょっと残念。

来年は、福島市で開催されるとのこと。
東北大会もあるようなので、力が入ることでしょう。
楽しみ(?)です。




Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/883-e9e28a75