裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

リテラチャー・サークル

読書活動の一種で、最近話題に上ることの多い「リテラチャー・サークル」を
E先生がやることになった。
4~5人のグループで同じ本を読み、その感想を話し合うわけだが、
普通の読書会と違うのは、前もって役割を決めておき、その役割に応じた感想を発表しあうこと。
役割とは、イラスト屋・段落屋・思いだし屋・言葉屋・質問屋などである。

私も選書とブックトークのお手伝いをした。
今回のクラスの人数は、27人。4~5人のグループを作るためには、6種類の本が必要。
5冊ずつそろえるために、おすすめ図書に指定してある本や課題図書になった本から選んでみた。
私のブックトークを聞いて、それぞれどの本を読むか決めるのだが、
ふつうは、テーブルごとに本を置いておき、読みたい本が置いてあるテーブルに集まるというやり方をする。
でも、それだと、●ちゃんが行ったから、私もあのテーブルに・・・ということにもなりかねない。
あくまで、本を選んで欲しいからと、
今回は、10人ずつ前に出て本をこっそり選んでくるという方法をとった。
日頃の、交友関係をよく知っている担任ならではの配慮だと思った。
ただ、この方法だと、最初の子たちはいいが、後になるにつれ、選択肢がせばまるという短所もある。
選んだ本ごとに席についてみると、
いかにもといった顔ぶれのグループが出来上がっており、まあまあ好みの本をチョイスできたのではないだろうか。

このあと、役割と今日読む分量(ページ数)を決めて、本を実際に読み始めたが、
思ったより、集中して本を読んでいたように見えた。役割があるので、適当には読めないぞと思ったのかもしれない。いいスタートだ。
早い子は、決めた分量を読み終えて、役割シートに書き込みしていたが、
全員が読みおわらないうちに、時間切れとなってしまった。
残りを読み終えて、役割シートに記入するのは宿題になり、
その発表は、明日の朝読の時間となった。

明日と聞いて一番びっくりしたのは、もしかしたら私かもしれない^^;。
明日、朝読の時間までに登校できるかしら?

Comment

すごーい!
こんにちは、大熊です。
授業でリテラチャー・サークル、いいですねえ!
司書さんがしっかりサポートしておられて、その先生が羨ましいです。
うちの司書さんにもやってもらえるよう、頼んでみようかなと思いました。

リテラチャー・サークルの経過レポート、ぜひお願いします。
2010.10.10 18:37 | URL | 大熊 #MMIYU.WA [edit]
コメントありがとう
凄いのは、大熊さんです。
着々といろんなことにチャレンジしてるじゃないですか。

> 司書さんがしっかりサポートしておられて、その先生が羨ましいです。
そもそも、私がもちかけた話なので、応援しないわけにいきません。
子どもたちが、どう変わるかも見てみたいですし。

> うちの司書さんにもやってもらえるよう、頼んでみようかなと思いました。
きっと、喜んで協力してくれると思いますよ!

2010.10.10 19:46 | URL | 森クマ #- [edit]
No title
リテラチャー・サークル
恥ずかしながら初めて聞いた言葉です。
高学年ですよね。
面白そう。
確かに森クマさん大したものです。
情報ありがとうございました。
2010.10.11 15:54 | URL | nora-taka #5Y53f.0k [edit]
Re: No title
ワークショップにも参加しましたが、
面白いですよ。
いわゆる「読解力」やコミュニケーション力を深める読書指導法とでも
言ったらいいのか?
指導するのは、教師です。
私は、はたで観てるだけです^^。



2010.10.11 20:41 | URL | 森クマ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/872-712cfa27