裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。
ネイチャー・センス展
2010年09月07日 (火) | 編集 |
実は、娘がベトナム研修から帰ってくるというので、一応、様子をみに上京しました。
向こうでは、予想通りみな、下●に苦しんだようでしたが、
お揃いのアオザイをオーダーメイドしたり、楽しいこともあったようで、元気に帰国したのでまずは安心。
心置きなく、東京観光をしてきました(笑)。

まずは、六本木ヒルズ内森美術館のネイチャー・センス展
吉岡徳仁、篠田太郎、栗林隆の3人のネイチャーセンスの競演?といったところなんでしょうか。なんかちょっと面白そう!ぐらいの感じで行ったのですが、アーティスト感覚を体感できてなかなか面白かったです。
とくに、栗林隆さんの作品がわかりやすくて楽しかった!このかた、昆虫写真家の栗林慧さんの息子さんだそうです。

作品展の最後に、ネイチャー・ブックラウンジというものが一部屋しつらえてあって、自然科学に関する本がいろいろ、絵本、読み物、エッセイ、図鑑、写真集などが、それぞれのテーマごとにデザインされて並べられてます。これがまた、見ごたえがあり、自由に手にとって読めるので、ここだけでも1日過ごせそう♪
古いけど、この本良さそうというのが何冊かあって、ためになりました。
赤木かん子さん編集の「自然とかがくの絵本」も置いてあったので、これはかん子さんに教えなくちゃ!と思ったのが神様のお耳に届いたのか・・・新宿ジュンク堂の店内で、なんと、かんこさんと遭遇!
それだけでも驚きなのに、そこへ、かん子さんの知り合いらしいイケメンがやってきて(最近、ちょっと若い男性はみんなイケメンに見えてます^^;)、かん子さんが紹介してくれた名前が『中川大輔君!』え~!ミルキー杉山の挿絵の中川さんですか?
思いがけない登場人物にびっくりでしたが、いきなり「こっちは●●県の司書さん」と紹介された中川さんもびっくりだったでしょう(笑)。
誰でも平等に扱うかんこさんは、中川さんにも差別することなく、「はい、これとこれ持ってて」と、どんどん本を抜き出して預けてました。
私の両手には、既に何冊かかんこさん推薦図書があったのですが、さらに、「そうそう、これもおすすめ!」と、ケータイの写メを次々と見せてくれたのですが、私の頭では全部覚えきれるはずもなく・・・。あたふたとしてる間に、選書を終えたかんこさんは、「じゃあね」と去っていってしまいました。


コメント
この記事へのコメント
お嬢さん、ご無事で何より。
いずこも苦しみは同じのようですね。

しかし、かんこさんはユニークですね。
2010/09/10(金) 23:50:29 | URL | nora-taka #5Y53f.0k[ 編集]
かんこさんの選書視点は、子ども向けとか学校だからとか制限されてないので、ほんとに感心させられる事が多いです。
ただし、その分、そのまま学校現場に持ち込めるかどうかと私が悩むことにもなるのですが。
つまりは、本音と建前をつきつけられるようなものですね^^;。

2010/09/11(土) 09:35:57 | URL | 森クマ #LwOfu9Ho[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック