裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

文学ツアー その1

暑い中、渋谷の駅前にある金王八幡宮へ。CIMG0298-1.jpg

ここは、『天地明察』の冒頭に出てくる神社。
天地明察天地明察
(2009/12/01)
冲方 丁

商品詳細を見る
渋川晴海が、関孝和の存在を知る最初の場所でもあり、
恋女房となるえんと初めて出会う場所でもある。

ここの宝物殿に、昔の算額(小説にでてくる絵馬のこと)が保存されているというので、観に行った。
最近のブームで、私たちのようなにわか算額ファンが多いらしく、宝物殿は自由に閲覧できるようになっていた。
CIMG0295-1.jpg
社務所の方から聞いてびっくりしたのが、算額絵馬を奉納しにきた方がいるということ。
このかた、もともと算額に興味があって、あちこちの神社に絵馬を奉納しているらしい。たまたま、この神社にも算額があるというので自分の絵馬を奉納しにきたところ、逆に『天地明察』の事を聞かされ、驚いていたとか(苦笑)。
上の写真の右端の答えが、誤答であると指摘し、正答を奉納したものが下の写真。
CIMG0292-1.jpg
この一部始終を嬉しそうに教えてくれた社務所の方が、なんとも印象的でした。
『何か、新しいことがわかったら教えてくださいね』とおっしゃってましたが、
「天地明察」が本日、直木賞候補になったことは、ご存知だろうか?

とにかく、この社に渋川晴海が足を運んだんだなぁと、感慨を新たにし、
次の目的地、上井草へ。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/836-042dcd6f