裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。
「死顔」
2009年08月10日 (月) | 編集 |
夏休みというので、いろいろ本を借りてきては読んでいます。
本当はもっと、子どもの本も読んだ方がいいのですが、
せっかくなので、じっくり読める本につい手が・・・。

死顔 (新潮文庫)死顔 (新潮文庫)
(2009/06/27)
吉村 昭

商品詳細を見る
吉村昭さんの本をどれか読みたくて、
読みやすそうな短編をまず選んでみました。
でも、最初に手にしたのが、遺作だったというのも皮肉な話。

掲載時期は違うものの、同じ題材を扱った2編があり、
読み比べが面白かった。
再来月の読書会の課題本になったので、その頃、またゆっくり読み直そう。

次は、ちょっとくだけて三浦しをんの「神去なあなあ日常」を読み始めます。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック