裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

菱木晃子さん

北欧文学の翻訳者といえば、菱木晃子さん!
その方のお話を聞けるというので、出かけてきました♪

時間ギリギリに会場につくと、もう席はほとんどうまっていて、焦ったものの
ちょうどうまく最前列が一つ空いていて、特等席をゲット。
安心して講師席に目をやると、目の前にいるのは、若いお姉さん!?
たしか、私と同い年のはずなのに・・・^^;。
そうです、とってもかわいらしい方でした。(でも、話し始めるとやはりおばさんは隠せなかった?)

なぜ、スウェーデン語の翻訳ををやるようになったのかということから、
スウェーデン児童文学の変遷と、それぞれの時代の作家さんの紹介、
翻訳の裏話など、
北欧文学初心者の私には、とてもわかりやすく、
今まで題名は知っていてもあまり関心がなかった作品が、
一挙に身近に感じられ、読みたくなってきたといえば、
菱木さんの情熱のほどがわかると思います。
最後には、スウェーデン語講座になり、和気藹々とした楽しいひとときでした。

子どもたちには、幸せな子ども時代を過ごして欲しい。
それがあれば、どんなつらいことがあってもきっと乗り越えられるから。
その思いで、児童文学の翻訳をなさっている菱木さん、
これからの作品、とくにパーシーの続編が楽しみです。



Comment

いいなぁ
菱木晃子さんにお会いできたのですね。いいなぁ、いいなぁ。もう最近は、本当に講演会にいく時間もお金もなくて・・・。講演会だけ、児童文学もかなり読む数が減ってて。とりあえず、早く大学を卒業しなくっちゃと思ってます(笑)。
2009.06.02 04:05 | URL | ゆきな #ncVW9ZjY [edit]
そうでしょう
私も今年こそ、司書の資格を!…と思ったりしましたが、時間とお金と将来性を考え、名より実を採る(?)ことにしました^^;。
そこで、逆に、いろんな講演会や研修会に出て、効率は悪いけど、そのつど勉強することにしようと。
でも、先日の某県立図の図書館員初任者研修会は、疲れるだけの研修でした。やはり、こういう楽しい会が一番ですね♪

2009.06.02 20:11 | URL | 森クマ #LwOfu9Ho [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/668-938c17a4