裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

「ベンジャミン・バトン」

20090411185911
ここ数日、気温がぐんと上がったので、桜もいっせいに咲き出しました。
満開です!

連日、オリエンテーションの準備に追われてますが、
土日で気がゆるみ、短編を読みました。
ベンジャミン・バトン 数奇な人生ベンジャミン・バトン 数奇な人生
(2009/01/22)
スコット・フィッツジェラルド

商品詳細を見る
映画化で、脚光を浴びたフィッツジェラルドの短編です。
映画では、老人から幼児へと若返る主人公とデイジーの愛の物語?という印象のようですが、
(私は、映画はみてません。映画の紹介から察すると・・・)
原作では、デイジーと結婚するものの、若返るという現象を理解してもらえず、二人の愛はすぐに冷え切ってしまいます。
恋愛モノではなく、人の一生を、逆回しすることによって、より明確にあぶり出している気がします。
一生のうち、絶頂期とはいつのことなのか?
何をするために、人は生きているのか?

10歳ぐらい若返ってみたい、と思うことはありますが、
どんどん若返ってしまうというのは、恐怖すら感じますね。

Comment

No title
 冒頭の桜は、F図書館?かしら

 今の時期開館しているのはそうですよね。

 めっきり図書館から足が遠のいてる私・・・なぜ?誰か、教えて^^;;

2009.04.13 09:09 | URL | 葉月 #- [edit]
そうです
ホームライブラリーです!
花見客で大混雑の某所とは大違いで、
静かで、桜がひときわ映えましたよ!

昨日は、読書会で会えると思っていたのに、残念でした。
来月は、太宰治「斜陽」です。
ぜひ、図書館で借りて読んで出席してね^^。

2009.04.13 19:59 | URL | 森クマ #- [edit]
No title
この映画の原作が、フィッツジェラルドだったなんて。
私も映画は見ていませんが、何度もテレビで宣伝しているので、
なんか不思議な話だとは思っていました。今度読んでみよう!

オリエンテーションの記事も参考になりました。
高学年は毎年4月のこの時期だけでしたが、今年度は教育課程に
「図書館利用指導年間計画」があるので、それにのっとって毎月各学年やっていく予定です。
途中でなくなってしまわないように、がんばります!!!
2009.04.14 10:56 | URL | Helenaヘレナ #- [edit]
No title
利用指導の時間が毎月ですか?それは素晴らしい!
そのうち、山梨日日新聞に、山梨県の学校司書が、頑張ってるというコラムが載るはずです^^;。
頑張ってください。

2009.04.14 20:05 | URL | 森クマ #LwOfu9Ho [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/650-67fc7698