裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。
300冊記念パーティー
2008年05月19日 (月) | 編集 |
翻訳家の金原瑞人氏が手がけた翻訳本が300冊を超え、
その記念講演会とパーティーが開催されました。

講演会は、銀座のナルニアが会場。
原作と翻訳本、合わせて600冊を展示したらしいのですが、
残念ながら、こちらには参加できず、その様子を見てません^^;。
さぞかし壮観だったことでしょう・・・。

でも、その後のパブでのパーティーには、ちゃっかり参加させていただきました。
赤いものを身につけること、というのが参加条件。
本人の弁によると、一口に赤(朱?)といっても、オレンジから真紅まで色には幅がある、
翻訳も同様で、日本語に訳す場合、ある程度許容範囲があって、その中から、訳文を作る。
参加者がどういう赤(朱)を身に着けるか楽しみ・・・・まあ、これは後からこじつけました(笑)
というようなコメントがありました。

たしかに、会場にはいろんな赤いモノがあり、こんなところにも、多趣味で様々なことに興味をもっていらっしゃる金原さんらしさが出てました。

さて、参加者は120人ほどだったらしいのですが、
出版社、エージェント、共訳者などのほか、赤木かん子さん、森絵都さん、三浦しをんさん、挿絵の佐竹美保さんなどがお祝いのごあいさつをされ、江国香織さんから花束贈呈がありと、
まあ、豪華な顔ぶれのパーティーでした。
それにしても、みなさん美人ぞろい。
さすが「レディーキラー」(←編集者の方が言ってました^^;)

最後に、金原さんからひと言。
「まだ、仕事は続けるので、この調子で行くと、
5・6年後には、500冊いくんじゃないか。
その時には、また、皆さん来て下さい!」と、意欲満々のごあいさつでした。
ぜひ、実現して欲しいですね。


ところで、パブで飲んだギネスの黒ビールのおいしかったこと。
泡がとってもクリーミー、
なにしろ、この泡で、カプチーノのようにクローバーマークがつけられるんですから!
国産の黒ビールじゃ、ものたりなくなりそう・・・。






コメント
この記事へのコメント
こんにちは!
「龍のいるまわり道」のあでりです。ご訪問ありがとうございま~す♪
「ギネス・ビール」美味しかったですね~。生クリームみたいな不思議な泡でした!
わたしも、こちらの本の紹介など、楽しみに拝見させていただきたいと思います。これからも、どうぞよろしく!(^.^)/
2008/05/20(火) 22:29:39 | URL | あでり #-[ 編集]
ようこそ!
あでり様、ようこそいらっしゃいました。
こちらこそ、好き勝手に雑多な事を書き散らしております。
今後とも、どうぞよろしく。
2008/05/20(火) 22:40:15 | URL | 森クマ #LwOfu9Ho[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック