裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

文楽

ゴールデンウィーク突入といっても、家族も私も暦どおりの休日(家族は、休日出勤もあり!)なので、
どこにも出かける予定はなく、
ほぼ全快とはいえ、腰の状態があるので、草むしりもままならず・・・。
ソファに座って、読書にふけることにしました。

そこで、まずこちらの本から。
あやつられ文楽鑑賞あやつられ文楽鑑賞
(2007/05)
三浦 しをん

商品詳細を見る
三浦しをんさんによる「文楽の世界」の紹介本。
ちょうど、この本に紹介されている桐竹勘十郎さんとは、先日文楽鑑賞教室でお会いしたばかり!
(もちろん、舞台と客席で)
太夫と三味線さんのお名前は失念してしまいましたが、
ひょっとしたら、やはりこの本に載っている方がただったかも・・・。

とにかく、その折に、文楽とはどういうものかを実物を見ながらレクチャーしていただいているので、
この本の内容も、そうそう、と相槌をうちながら読み進めることができた。


そして、次はこれ。
仏果を得ず仏果を得ず
(2007/11)
三浦 しをん

商品詳細を見る
「あやつられ~」で、取材しまくったことが、次々とフィクション化されており、
もちろん、小説を読むだけでも十分面白いのだが、
素材と作品という観点からもとても楽しめた^^。

いつも、しをんさんの妄想には、ついついはまってしまう私なので、
こうなったら、文楽を見に行くぞ!と・・・。
はや、国立劇場のHPが私の「お気に入り」に入ってます♪

Comment

ご無沙汰です!
いきなりすみません。その後どうしておられるかな~と思って来て見ました。
なっるほど~!こういうアプローチをしておられましたか(にやり)。
さすがですわね。
オススメの2冊、わたしも探りを入れてみますわ。長唄三味線もかなりかっこいいらしいですしね!
2008.05.14 22:32 | URL | iriya #- [edit]
いらっしゃいませ♪
まあまあ、ようこそ^^。
こちらこそ、ご無沙汰してます。
「文楽」に関しては、実は私のほうが、先に関心もってたんですよ^^;
そこへ、あの話題だったので、逆に、びっくりしました(笑)。

iriyaさんも、浄瑠璃と同様、太棹ですよね。
かなり大きいので、おどろきました。あれを扱っていたら、腕が太くなったんじゃないですか?
2008.05.14 22:57 | URL | 森クマ #LwOfu9Ho [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/520-a98dd806