FC2ブログ

裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

読書週間、最後におすすめの一冊

読書週間中、テレビでもいろんな番組で「本」の特集がありました。
その中で、東北だけの情報番組で、東北各地の変わった図書館を紹介してたのが面白かったですね。
ぜひ、観に行きたいと思いました。

さて、読み終えるのが勿体なくて、小出しにしながら読んできた本がついに終わってしまいました。
図書館から借りているので、返さなくてはならず、お別れするのが悲しいです。
その本がこれ、

「モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語」 内田洋子 方丈社
これじゃ、味も素っ気もないですね。
借りてきた本はこんな感じ。カバーをとるとこうなるのかな?絶対、こっちの装丁がいいですね。
moblog_e1494b1f.jpg

その昔、モンテレッジォというイタリアの山奥の村から、イタリア各地に本の行商をしていた村人たちがいた。
しかも、その仕事は、ただ本を売るだけに終わらず、情報交換やスパイ活動の域にまで広がっていたらしい。スパイというと語弊がありますね、戦争中、禁書とされた本も売り歩き、それが当時の反体制派の活動源になったりしたわけです。つまり、いつの時代も、読みたい本を人々へ届けていた。これは、現代の図書館の機能そのものじゃないですか!その行商と村の歴史のノンフィクション。
現代に生きる子孫たちがモンテレッジォ出身ということを誇りにしているのが印象的。
今も、村で本祭りが開かれ、いわゆる本屋大賞を生み出した場所でもあります。
章ごとにはさみこまれた写真がまた素敵です。
ぜひ、読んでみてください、おすすめです。
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/2407-9f46442b