FC2ブログ

裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

調べる学習コンクール地区審査会

O町の小中学校は、ちょうど震災の前の年から、図書館を使った調べる学習コンクールに参加しています。
震災の年にも、避難した先で再開した学校から個人参加という形で出品しました。
それもこれも、当時の町教育長の信念からなのですが、直接指導にあたってきた先生方の努力があってこそです。
私は、ちょうど第1回の出品作品の審査に参加してました。
その時は手探り状態でしたし、まずは参加することが目的でした。当然、作品の出来もそれなりのものでした。

今年度、またその審査会に参加することになりました。
これまでのおおよその経過は聞き知っていたものの、じっくり作品をみて驚きました。
みな、調べることの楽しさが伝わってくるようなものばかり。
当初から関わってくださっている講師の鎌田和宏先生も、作品を見に来るのが楽しみなんですとおっしゃってくれました。
第9回になるので、ちょうど小学1年生だった子が中学3年生になったわけです。
小学校でずっと手厚く指導してもらったおかげで、中学生の作品はどれも面白そうでした。
ただ、やはり、まとめがまだできていない。(このまとめが難しいんですよね(-_-;)
それが今後の課題です。
そうはいっても、審査会後の講演会で、鎌田先生がおっしゃってましたが、この調べるコンは、優秀作品を作るのが目的というより、地区コンクールなどを通して地区全体がレベルアップしていくことが重要。
そういう意味では、とてもいい経過をたどっているわけです。
この審査会の直前に、長年続けてこられた教育長が退任なされましたが、教育長のやってこられたことがやっと目に見えるようになってきたのかなと嬉しくもあり、淋しくもあり・・・。

これに関連したことが、「学校図書館」2018、8月号の教育時評に掲載されてます。
「終わらぬ復興、未来を託す子どもに読書と調べる力を育てる大熊町から学ぶ」(鎌田和宏)



関連記事

Comment

拍手コメントありがとう
拍手コメントありがとうございます。
私はいまだにフェイスブックもやらないので、内容はわかりませんが、お知らせありがとうございます。
後任がまだ公表されておらず、今後が心配なところです。
2018.10.06 22:06 | URL | 森クマ #- [edit]
このblogがあるのですから、他のSNSまでは必要なければされなくてもと思います。私ももっぱら見るだけ、連絡用というだけです。O町の町ぐるみの実践、以前森クマさんの発表をお聞きした時素晴らしいと思いました。その時の教育長さんと思うと、面識もないのに、なんだか寂しいような気がしました。調べる学習コンクールが続いているのも素晴らしいです。
2018.10.08 16:14 | URL | nora-taka #5Y53f.0k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/2381-5c0c94fa