FC2ブログ

裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

「わたしの名前は本」

 わたしの名前は「本」 ジョン・アガード著  フィルムアート社

どこかで聞いたことのある題名だと思ったら、訳者の金原さんが自身のブログでチラッと紹介していた本でした。本ができるまでのことはひと通りはわかっているつもりですが、それを御本人(?)の口から聞くことができるとは思ってもいませんでした。そして、本になってからのあれこれ、読む人のことや電子書籍についても触れています。巻物から始まった「本」が今、またスクロールして読まれるようになるとは・・・もしかしたら、近い将来、また形態が変わるかもしれませんね。

ところで、最近、本屋さんの話題をよく聞きます。ドキュメンタリー番組で紹介された一万円選書の「いわた書店」、ラジオ番組で聞いた毎日イベント開催のB&B書店、そしてさっき「鶴瓶の家族に乾杯」にも変わったこどもの本屋さんが登場してました。
熊本県西原村の「子どもの本の店 竹とんぼ」です。
お洒落な本屋さんで、品ぞろえが凄い!総選挙なんてまったく関係なし。昔ながらの良書というと古臭く聞こえますが、それと新しいけど読んで欲しい本が仲良く並んでます。選書の目利きがいるお店のようです。
しかも、 この本の翻訳者、こみやゆうさんのご実家ということでした。

日々、子どもたちに直接本を手渡せる人は、自信を持っていい本を仕入れて、地道に紹介してるんですね。
そうか、わたしは普段いない図書館だから人気の本を入れて、気を引こうとしたんだとちょっとショックを受けました。ジレンマです。

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/2286-519a97dd