FC2ブログ

裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

「羊と鋼の森」

 「羊と鋼の森」 宮下奈都 文春文庫

今頃ですが、文庫で購入できたので読んでみました。
予想通りというか予想以上に淡々としてましたね。主人公は調律師ということで、ピアノの音に関する記述が多く、イメージが多用されて面白かったです。
うちにもピアノがあり、子どもたちがレッスンしている頃は調律をお願いしていました。家の作りのせいもあるのか、乾燥し過ぎると言われ、なんだか叱られたような気がしたものです。調律の前後で音がどう変化したか、さっぱりわからないダメなお客でしたね。ピアノは、今も一応、音は出ますが、かなり狂っているんでしょうね~。

「日本には、山があるだけで森はない」という文章をどこかで読んだ気もしますが、北海道になら森がありそうですね。ただ、里山で育った私は、森がわかりません。何度も出てくる「森」という言葉に違和感を感じ、いまいち共感できない自分が残念です。



関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/2275-7735bfc6