FC2ブログ

裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

2日目 とにかく長い1日でした

今日もいいお天気。
朝早く、宿を出発したものの、せっかく来たのだからと、ちょっとマグロ市場に寄りました。

moblog_c0fff4ca.jpg
マグロがあるわあるわ、ずら~っと並んでます。
トロ箱に入りきらない尻尾は切り落として入れてました。

さて、紀伊勝浦駅からは那智山までバスが出てます。
バスに乗っていれば、那智大社まで行けるわけです。普通は途中の大門坂(石畳の写真が有名)までバスに乗り、そこから熊野古道を楽しんで歩くのですが、それだけでは物足りないので、私たちは那智駅から山まで歩く予定です。
那智駅の向こうはすぐ海できれいな公園になってます。
海を眺めて海抜0メートルからさあ出発です。

駅から数分のところに補陀洛山寺があります。
平安時代から江戸時代にかけて、小さな船で南海の彼方にあると信じられていた観音浄土を目指すという補陀洛渡海が行われていたそうです。
moblog_8e275c5b.jpg
こんな船のなかに釘で打ち付けられて航海に出たとか・・・!
宗教とは恐ろしいです。

ところどころ大きな車道も通るのですが、なるべく細い道を通りたいと思い、ちょっとウロウロしていたら、2階から見ていたおばさんが「熊野古道でしょ?そのまままっすぐでいいのよぉ~」と、親切に声をかけてくれました(笑)。
たしかに、その先にリュックを背負い似たような恰好をした集団が歩いていました。その集団を追い抜くときに、リーダー格のおじいさんに「なんだか人数が増えておかしいと思ったら、あんたたちは別だね」と言われる始末。

moblog_0f16ed50.jpg  moblog_42ce7e36.jpg
山道に入ったり民家のあたりを歩いたり、ハイキング気分です。段々山に近づいていくのがわかります。
それにしても、山の中は木がなぎ倒されているところが多かったし、あちこちで大規模な砂防ダムの工事中だったり、昨年の台風の被害のようですが、災害は日本のあちこちで起こっていることを実感。

那智駅から2時間弱ほど歩いた頃、今回の熊野古道のメイン、大門坂に到着です。
IMG_1415.jpg

よーし!と歩き始めたら、意外に段差が大きくなかなか足が上がらない。
みんなそうなのでしょう。ちょうどいいところに杖置き場を発見し、すかさず杖を手にして歩き始めると、楽~♪
「大丈夫~?」と娘に笑われながら、ヒーヒー言って上ります。石畳を楽しむ余裕などありません(-_-;)。大門坂を甘く見過ぎていました。
杉林の中の石段が終わっても、まだまだ階段は続きます。ついつい休みがちになる母を見かねて娘が「お母さん、梅ジュースがあるよ!一息いれよう」と。
滝を遠くに眺めながら飲んだ梅ジュースはおいしかったぁ~^^。紀州梅の産地ですからね。
今年も美味しい梅シロップを作るぞと思いましたよ。

moblog_d311267a.jpg
やっとのことで那智大社に到着。空が近い!ほとんど山登りです。
ところで、来る前にわかっていたことですが、那智大社は現在修理中のためカバーがかかり、こんな状態でした(苦笑)。

moblog_a5c0472a.jpg

moblog_57030096.jpg
もちろんお詣りはできます。御神符と御朱印もいただきました。

うどんとめはり寿司のお昼を食べた後は、三重塔を眺め、飛瀧神社とそのご神体の滝へ。
また石段ですが、今度は降りるだけ。逆に回ったら大変ですね。
IMG_1431.jpg あちこちでヤマザクラが咲いてました。

IMG_1440.jpg
もうね、神々しいばかりの滝です。
思わず、この滝に打たれてみたい・・・と思ってしまいます。(思うだけですけど(-_-;)
ここと華厳の滝、袋田の滝で日本三大名滝というそうですから、制覇したことになりました。やったね!
この写真だと良く見えませんが、滝口(滝の上?)にしめ縄が張られています。
その時の様子がわかる写真がお店に飾ってありました。凄いです、命がけです。
moblog_44c6907c.jpg
しめ縄を見てるだけで、ありがたくなります。

あまり信心深くない私は、お社にはあまり関心がないのですが、この滝は別です。
はるばる来て本当に良かったと思いました。



関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/2206-3cd30ccb