FC2ブログ

裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

ST*F小 百科事典は楽しい♪

私には指導能力がないということを最近、つくづく思い知らされました。(今頃?(-_-;)
というより、指導することは、必要ない?余計なこと、おせっかい。
でも、図書館教育は別。これは学校司書の仕事のひとつのはず。

というわけで、4年生に百科事典の引き方の授業をすることができました。
以前もやったことはあったのですが、百科事典の説明の後で語句をひくだけではいまいち面白味にかけるんですよね。
今回、そのワークに赤木かん子さんの「百科事典の謎」を使ってみました。
この謎がよくできてます!
今まで、子どもたちが本で調べる時に、必要なところだけ書けばいいということがわかってないなぁ~とよく感じてました。でも、必要な個所ということが、子どもたち自身わかってないから、説明のしようがない。
どうしたらいいのか?
そんなモヤモヤが吹き飛びました。

この謎はよくできてます。
「オットセイは何を食べるの?」「アイアイはどこに住んでいるの?」など、食べ物や場所を答えればいいので、説明文から探しやすい。つまり、何が必要なのかわかりやすい。

「バッタは日本に何種類いるの?」
これは、ちょっとひっかけ?世界に〇〇種類と言う文章もあるからです。もし、間違えても、よく読めばすぐ納得できる。
これが、バッタは何種類いるの?と聞かれると、迷ってしまうかもしれませんね。

「つちふまずはサルにあるか?」
この謎を解いたNちゃん、最初はサルで調べたらしい。どの語句で調べるかも勉強のうちです。さらに、サルにあるかどうかという直接的な文は、実は説明文にはありません。でも、書いてある文章からわかるはずというちょっと理解力を要する謎になってます。

20分の間に、それぞれ4つ程度の謎を解くことができ、子どもたちばかりか先生も満足してくれました。
K君は「国語辞典よりいろいろ載ってる!」と言ってました。
思わず「百科事典ですから」と、Nのポーズを取りそうになってしまいました(笑)。
私も、今更ながら百科事典で調べるということがわかった気がします。
はっきりした謎と答えが必ず書いてある百科事典(ポプラディア)を使うことで、「調べる」力がぐんとパワーアップできます。
5・6年生にもぜひやってあげたいなぁ~。

廊下の掲示にも、戌年にちなんでイヌの謎を出してきました。
あれ?どうだったかな?と思わせる謎を作るのはけっこう難しいです。

moblog_fc3d26bb.jpg

今年初勤務だったので、イヌの本を展示。イヌの本は意外と少なかったですね。猫はた~くさんありましたけどね。それに、おまけのようにあるものを貼って、手抜き掲示です、情けない。




関連記事

Comment

掲示、すっきりしていていいです。情けないことなんてありません。私なんて、作ったものを毎年使いまわしていますが、ごちゃごちゃ飾る必要はないと、開き直っています。正直、作る時間がないです。百科事典の指導もいいですね。直接的な支援も私たちの仕事ですものね、お互い頑張りましょう!
2018.01.20 22:44 | URL | nora-taka #5Y53f.0k [edit]
コメントありがとう
nora-takaさん、いつもありがとうございます。
使いまわしができる季節の掲示を作っておくといいんでしょうね。
このツリーも便利です。

そちらの学図研の活動もいろいろやってますね!
2018.01.21 19:30 | URL | 森クマ #- [edit]
はい 何とかやっています。3月はリテラチャー・サークルです。支部会員のみの定例会ですが、また、会員外にもオープンの時にはぜひ、お越しくださいね。
2018.01.22 21:32 | URL | nora-taka #5Y53f.0k [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/2160-aae984c1