FC2ブログ

裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

11月おはなし会

午前中は、いつものように、中学校でお茶のみボラ。
先日、私たち(私も一応入っているはず(-_-;))読み聞かせボランティアが、町から善行として表彰されました。パチパチパチ。
代表のNさんが、その表彰状をみんなに見せに持ってくるということだったので、私も頑張ってお祝いのケーキを焼いて持っていきました。
O町の小学校で絵本の読み聞かせが始まったのは、町の読み聞かせサークル「ゆめ」が始めたことでした。
20年以上前のこと?当初は、保護者が気心の知れた先生に声をかけ、ということだったのかしら?私は途中から「ゆめ」に加入したので、詳しいことは・・・?。その後、正式に二つの学校にそれぞれ図書ボランティアができ、定期的におはなし会が開催されるようになり、それは震災後もずーっと継続してきたわけです。特に、今の代表のNさんは、震災後も両校のボラのみんなをまとめ、引っ張ってくれていて、今回、そんなNさんが代表で表彰されて良かったと思ってます。
それにしても、みんな、表彰状より、副賞のお菓子に喜んでいたような?(-_-;)

さて、午後は小学校でおはなし会です。
担任の先生たちが出張でいなかったせいか、子どもたちがハイテンションで落ち着きがなかったですね。
でも、昨日思い出した絵本を読みました。

「天の火をぬすんだウサギ」 評論社
インディアンの昔話で、天から盗んできた火を、森の木々の中に隠してしまうというくだりがあるのですが、インディアンたちも紅葉した森に燃えているようなイメージを持ったのかしらと親近感を抱いてしまいました。
昨日の出来事があったので、私の中で生きた話になりました。
今日の子どもたちでは飽きてしまうかと思いましたが、思いのほかよく聞いてくれました。
動物の由来話もあるので、それが面白かったかな?


いつも自分のやったことだけ書いてますが、今日は、この絵本の他に、手遊び「おそばやさん」、新聞話「ペーパーさん」をやりました。新聞話は、子どもたちも一緒に新聞を折って、やりました。最後がなるほど!となるので、面白がってくれました。
ふたつとも、藤田浩子さんの教室で教えてもらったこと、特に、新聞話で折っている途中に子どもがなかなか折れなくて「待って~」と言った時の対処法も教えてもらっていたので、「待ってるよ~♪、待ってるよ~♪」と、うまくできたと思います。

子どもたちから絵本のリクエストも出ましたが、持ってきた子どもに読んでもらってもよかったかも!
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/2104-1175bd72