裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

熊野古道へ 2

よく熊野古道といいますが、熊野三山への参詣道のことで、伊勢神宮からの伊勢路、高野山と熊野を結ぶ道、小辺路(こへち)と大阪から紀伊半島の西側を通る紀伊路の3本のルートがあります。
その紀伊路も紀伊田辺から山中を行く中辺路(なかへち)と海沿いを行く大辺路(おおへち)があり、
今回は、中辺路の一部を歩いて、熊野本宮大社に参詣することにしました。

さて、バスを降りて、車道から「熊野古道」へ入ります。
まず最初の目的地は、牛馬童子像。
すぐ車道に出てしまい、がっかりしてしばらく歩いていたら、道路左端に「この道は熊野古道ではありません」という立札をみつけ、え?
moblog_ee9a9d84.jpg
あたりを見回したら、左側の山に道らしいものがあります。
すぐ手前から、分岐していたのに気が付かなかったのでした(-_-;)。
この後も、何度も分かれ道があり、なぜか、標識は分岐点ではなく、少し行ったところに建てられていたり、わかりにくいことこの上なし。
moblog_407030e9.jpg
この標識がある道ならOKというわけ。
その後も何度も娘と、「ありません」の標識なかったよね?「熊野古道」の標識あったからここで大丈夫だよね?と、
確認しながら歩いてました(だって、他に誰も歩いてないんです・苦笑)。

牛馬童子像は、山の中にひっそりとありました。
moblog_e9020ceb.jpg
熊野古道のアイドル?だそうです。
たしかにかわいいけど、牛と馬の2頭にまたがっているのはなぜ?不思議な像でした。
娘は、像よりまずスタンプ押し。
(スタンプラリーのような中辺路押印帳なるものがあるのです)

次は近露王子へ。
この王子というのは、プリンスの意味ではなく、熊野古道沿いの一連の神社跡のことのようで、
小さい祠や石碑があるだけだったりします。
なので、スタンプ押しは重要です(笑)。
moblog_a111598f.jpg
近露王子は車道沿いで立派な石碑もあるので、観光客がバスからゾロゾロ降りてきて、賑やかでした。
私たちが楽しそうにスタンプを押しているので、何だろうと男の子がじーっと見てましたね(ちょっと優越感)。

この後は、だらだらと上り坂が続き、気温も上がってきて、かなりきつかったです。
あまりの急坂を蛇行して歩いてみたり・・・(-_-;)。
この上り坂と見晴らし場の順序があいまいですが、たぶん登ってから見晴らしたと思います。
山の間の奥に「乙女の寝顔」が見られました。
moblog_42887ed2.jpg
これで、気分もリセット。
とにかく、まわりは山また山、よく手入れされた杉木立がきれいでした。
moblog_df274dd6.jpg


その後、小さな石碑だけの比曽原王子を通り、
本日の最終目的地、継桜王子に到着。
ここは立派なお社があり、枝が一方だけに生えているという一方杉が有名。
タクシーで乗り付けたおじいさんたちが観光してました。
茶屋があるはずでしたが、閉まったまま、この後のバスの時間も気になるので、
そのままバス停に直行することに。
くねくねとした車道を降りていく途中、「野中の清水」の看板あり。
あまりの暑さに、顔を洗い水を飲んで、しばし休息。
バスで今夜の宿の川湯温泉へ。

宿の前で楽しいマンホールを発見!
moblog_79fd94a6.jpg
夏休みには、川遊びを楽しむ親子連れで賑わうそうです。





Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/2003-706f1191