裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

March comes in like a lion, and goes out like a lamb.

タイトルは、英語のことわざです。
「3月はライオンの如く来たりて、子羊のごとく去る」。
イギリスの天候に関することわざで、3月初めは荒れた天気が続くが、末には穏やかな天候になるという意味。

この前半をもじったのが「3月のライオン」。
 羽海野チカ 白泉社(既刊12巻)

テレビアニメ化ではまり、原作コミックも読み、今回の映画(前半)も観てきました♪
実写化なので、当然、登場人物は原画に似せてあります。
ももちゃんはかわいいし、担任役の高橋一生もいい。
陰の主役ではないかと思われる島田八段の蔵之介さんは、はまり役!
そして、意外に一番雰囲気が出てるのが、宗谷名人役の加瀬亮。
原作の透き通り感がよく出てます。

話の展開が早いのは仕方がないとしても、
原作のヒリヒリした感じとほっこり感がよく出てて、原作ファンも素直に楽しめます。
後半は、来月末に封切りとなるので、すぐ観れます。
最後は、ことわざのようになるのか?
それとも、ライオンのままなのか?
楽しみです。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/1955-f8a4c897