「潮騒のアニマ 法医昆虫学捜査官」

「潮騒のアニマ 法医昆虫学捜査官」 川瀬七緒 講談社

このミステリーシリーズ、新刊が出ると怖いもの見たさ(?)で、つい読みたくなってしまいます。
身元不明の死体発見!から話が始まるので、大体死体は腐乱していて、あまり想像したくない虫たちが登場することが多いのですが、今回の死体はミイラ化していたおかげで?、虫の登場はあまりなかったです(-_-;)。
離島での事件となると、犯人は島民?
どの人も怪しく思えるし、果ては島民全員がしくんでいるのかと思ったり、
いやいや、つながりのある第三者が登場してくるのか?
今回もいろいろと楽しませてもらいました。
Category: 読書記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する