「彼女に関する十二章」

「彼女に関する十二章」 中島京子 中央公論新社


中島京子さんは嫌いじゃないし、どこかでこの50代夫婦の会話に共感したなどという感想を読んだものだから読んでみました。
60年前のベストセラー、「女性に関する十二章」をなぞりながら話が進んでいくのですが、
どうもくどく感じて、あまりいただけなかった。
がっかり。
Category: 読書記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する