「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」

「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」 万城目学 角川文庫


万城目作品は、テレビドラマや映画になり、これまでいくつか観ていますが、原作はどれも読んだことがありませんでした。
・・・と思っていましたが、念のためブログを検索してみたら、読んでました(苦笑)。
「プリンセス・トヨトミ」だけ読んでから映画を観たようです。
読みづらいけど、中身はまあまあ・・・なんて感想で、だから覚えてないんですね。

でも、この本は良かったです^^。
私は猫を飼ったこともないし、あまり関心もないので、マドレーヌ夫人の描写については何も言えませんが、かのこちゃんたち小学生は等身大によく描けてると思うし、それでいてきちんと大人の小説になっているところがいいですね。
ほのぼのムードが、春に近づいている今の季節にぴったりでした。
Category: 読書記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する