山の名は

先日、東京までの新幹線の車中は、読書を楽しもうと文庫本を準備していました。
新しく覚えたい語りのテキストも持ったし。

でも、とてもいいお天気で、窓からはうっすらと雪化粧した山々が、それはそれはきれいです。
せっかくなので、本は出さずに、外を眺めることに。
宇都宮までは、那須連峰から山々が続き、男体山やその奥の山々が連なり、面白い♪
ただ、男体山と思われる山の他は、山の名前がまったくわかりません。
宇都宮を過ぎると、前方に富士山が見えてきます。
こんなところからも見えるのですから、富士山は本当に高い!

小山あたりにくると、以前見た富士山まがいの山が、遠くにかすかに見えてきます。
前に見たときは、浅間山だと思ったのですが、さすがに浅間山は遠すぎます。
スマホを取りだして、地図をながめた結果、やはり榛名山だろうという結論に達しました。
名前がわからないと落ち着かないのもおかしなものですが、
姿と名前が一致すると、よりその山を楽しめていいですね~。やはり、名前は大事!

今度、ぜひ、小山から両毛線に乗って、榛名山かどうか検証したくなってきました(-_-;)。
Category: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する