このシリーズは面白い♪

宮部みゆきさんの作品は、なんとなくおどろおどろしそうで敬遠してました。
でも、新聞連載時に読んだ「三島屋百物語?」が、後味のよい語りものだったので、
単行本がでたら読み直してみたいと思っていたら、
私が読んだのは、シリーズ4で、
すでに3冊が刊行されていたことがわかりビックリ!
     どの巻にも、主人公のおちかが三島屋にやってきて百物語の聴き手になったいきさつが簡単に説明されているので、どの巻から読み始めてもそう混乱はしませんが、やはり、最初から読みたいですよね。
まだの方は、ぜひどうぞ。

これが4冊目。
Category: 読書記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する