映画「人生フルーツ」

夕方、珍しくテレビをつけていたらドキュメンタリー番組をやっていて、これがとても面白かった。
東海テレビが作った番組で、映画になって公開されているようです。
「人生フルーツ ある建築家と雑木林のものがたり」というタイトルで、建築家の津端修一さんとその奥さんとの暮らしぶりを2年間追ったドキュメンタリーです。
このお二人の、自給自足のつつましやかな生活もすごいですが、
たぶん取材中に、突然修一さんが亡くなってしまったのに、その葬儀の様子まで取材させていることに驚きました。
いくら高齢とはいえ、夫が突然死したのに、動じない奥さん。
悲しんでいないわけではないのです。
死を当たり前のこととして受け入れているその態度に、日々の覚悟を感じました。

私も、そろそろ本格的に自分の最期とむきあわなくてはいけないなと、思いました。

Category: 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する