「遊戯神通 伊藤若冲」


義兄が若冲好きなので、この本を紹介したものの、
内容が心配になり、自分でも読んでみました。

このところ時代物が続いていたので避けたいところ、これは一応明治だし・・・と読み始めたら、
結局、ほとんど若冲の時代(江戸時代)でした(-_-;)。
でも、フィクションながら若冲が絵とどう向き合っていたかがわかり、面白かったです。
義兄は読んだのか?まだ聞いてません。
Category: 読書記録

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する