あと1日

今年もあと1日となりました。
1年を振り返ってみると、まあいろいろありました😅

前半はともかく、後半は仕事が忙し過ぎ❗️またやってしまったかと後悔しても後の祭り、とにかく働くしかありません。
でも、今回はすごく分類の勉強になりました。NDC通りに分類するのがいいとも限らないからです。特に、小学校図書館は、公共図書館とは違った規準が必要な場合があり、ずっとその学校に勤めるわけでない私がどこまで規準を決めていいのか?図書館の運営にも関わることなのに、学校側は案外、無頓着なのにも考えさせられました。
まだまだ、図書館は書庫と同じようなものと考えられてるのかなぁ?
それにしても、学校図書館は、ユーザーと直接関われるのが面白いです。単純な私は、目に見えないモノを相手にするのは苦手。だから、サポートティーチャーを続けているんでしょうね。

そんなことが頭にあったせいかもしれませんが、
今年の後半は、人の存在が気になりました。
私の今年の漢字を聞かれたら、「人」ですね。

それを感じたのは、「妖怪シンポジウム」です。妖怪のデータベースを作る人なんて、どれだけ妖怪オタクなのかと思ったら、『妖怪は、人間がつくりだしたものです』とおっしゃる。人間がいるから、妖怪が生まれるというんです。
妖怪を調べているようで実は、人間を調べている?
『まりつきは、伝統ではなく伝承あそびである』伝承だから、人に伝える。そのためには、昔ながらのものばかりではダメ。楽しく遊べるようなまりつきを取り入れることも必要。
伝統ではなく伝承、これって、語りも同じ気がします。
レ抜き言葉が当たり前になるように、正しいかどうかでなく、みんなが面白いと思える語りも必要なんじゃないのかなぁ?

楽しそうに仕事をしている方は、遠くに目標を見据えながら、きちんと目の前の誰かと向き合っている様子が見えてきました。
私も、そのことを忘れないようにしなくては、と強く思いました。
さて、それでは来年は何をしましょうね?

今年1年、皆様にはいろいろお世話になりました。
どうぞ、良いお年をお迎えください。
Category: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する