ン十年ぶりにまりつきをしました!

昨日から寒い!!
でも、早起きして東京へ。
新幹線の席はもちろん右側、富士山がとってもきれいに見えました^^。(宇都宮から見えてましたよ!)



今日のイベントは、「東京おもちゃばこフォーラム」。
名前の通り、どちらかというとおもちゃや工作など子どものあそびに関わる人向けのイベントなのですが、本日は、まりつきの講習があるというので、物好きにも参加しました(-_-;)。
でも、まずは工作です。
かんたん凧作り・・・最初見本を見たときは、え~?という印象でしたが、実際に作って遊ぶと、なんだか面白いぞ♪C小とF小のぶん、2本作りました。
干支の起き上がりこぼし・・・ニワトリです。 糊がかわかなかったので、実は、まだ出来上がってません。

もうこれだけで、あ~疲れた!なんですが、
いよいよ、まりつきです。
日当たりのいい部屋のうえ、床は床暖房、なにもしないうちから暑い(-_-;)。
最初は、簡単。
まりつきって、かわりばんこに一人ずつやるものだと思ってましたが、二人、または数人でやる遊び方もあると知りました。
たしかに、昔のボール遊びなわけですね。
そのうち、段々、いろんな技が出てきて・・・まあ、懐かしい!そんなの簡単よ・・・え?できたはずだけど・・・足で蹴る!?なにそれ?という具合に、自分の限界を知る羽目になってきます。
最後の頃には、「はい、自主練!」と言われても、自分の体力を考えて『自主的に休息』する有様となりました(苦笑)。
まりつきを教えてくれたのは、京都のまりつきの会の方々。
お父さんが楽しく説明をして、娘さん(大学生)がきびきび実技を受け持ち、息もピッタリ!うらやましいほどの親子関係です。
盛りだくさんで、少々早回し状態の講習になりましたが、これをたっぷり時間をかけたら、正直とても体が持ちません(-_-;)。
やってるうちに、段々、昔のことも思い出してきて、楽しい講習でした。
講師の町田さんがとても素敵な方で、まりつきは「遊び」、それも「伝統あそび」ではなく、「伝承あそび」と強調してました。
過去の遺物を大事にするのではなく、現在の生活として伝えたいという気持ちに共感しました。

やっとお昼です。
私のお昼は、今朝、郡山駅で購入したのり弁。


売り場に書いてありましたが、テレビ「マツコの知らない世界」で紹介された駅弁だそうです。
でも、そのわりに、フツーでした。

昼休みは、おもちゃのフリーマーケットやお菓子バイキング、本屋さんの出店などを楽しめます。
私は、ドッと疲れてお昼寝。

午後は、まず杉山亮さんのものがたりライブ。
藤田浩子さんの「かさじぞう」をもっとふくらませた杉山版「かさじぞう」が聞けました。
私もこのかさじぞうはやってみたいところですが、まあ、できても私の初演は来年の暮れ以降ですね。
次に、午前の町田親子が、まりつきのデモンストレーション。
お父さんの指示通り、娘のあずみちゃんが次々と技を披露してくれました。
最後は、わらべうたコンサート。
こちらも、母と息子の親子コンビで、お母さんが歌、息子さんはギター(プロのギタリストだそう)。
まりつきの親子同様、いい感じ。
とってものんびりしたひとときでした。
みんなでわらべうたを歌うのもいいもんですね。

終わる頃には、ちょうど日も暮れかかり、都会のクリスマスイルミネーションをゆっくり楽しみたいところでしたが、
明日も仕事なので、早く帰って体を休めなくては・・・。
郡山駅のイルミネーションで我慢我慢(こちらも本当はキレイですよ~)。
駅を出たら、雪がちらついていてすっごく寒かった~~~。










コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する