12月おはなし会

急遽、学校側の都合で1週早まったおはなし会。
まあ、今日から12月だから12月のおはなし会にはなりますね(-_-;)。
そんなわけで、都合がつかなかった仲間もいて、いつもより時間があまりそう・・・
そこで、長~い絵本を用意してみました。
「とってもふしぎなクリスマス」 ルース・ソーヤー著 バーバラ・クーニー絵 ほるぷ出版
あれ?画像が出ない!残念。

ゆっくり全文読んだら25分以上かかりそうな絵本ですが、チロル地方の民話で、タイトルどおりクリスマスに起こった不思議な出来事の話です。元は民話だからと解釈して、少々短くして読ませてもらいました。
子どもたちは、かなり真剣に聞いてくれたようです。

本日の、子どもたちの真剣度が最高だったのは、やはり手遊び「ごんべさんの赤ちゃん」をやってる時。
1年生はみんな知らない~みたいでしたが、すぐ覚えられるのがいいですね。
そのかわり、『手拭いでほっかむりする』やり方を解説する必要はあります。
サイレントの間、ぎゅっと口を結びながら一生懸命やる子どもたちの顔を見ているのが、至福の時です^^。
還暦を過ぎた知り合いは、このサイレント版を、保育園の年長さんの時にやった覚えがあるそうです。
そんなに由緒ある手遊びだったんだ!!!
Category: おはなし会

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する