ブックトーク講習会(11/27)

ゆっくり考えながらまとめたいと思っていたので、今頃のアップになってしまいました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
11月27日(日)郡山で元調布市図書館司書の黒沢克朗さんによるブックトーク講習会がありました。

見たところ、ちょっと冴えないおじいちゃん(失礼(-_-;)、
話し方もブツブツとひとりごとを言っているような、でもどこかでこの話し方をきいたような気もするんだけど、どこでお会いしたのかなぁ~?(つぶやきシローに似てるだけ?)

冒頭、NHKの特集番組で取り上げられた絵本作家Aと、民放番組で取り上げられた絵本作家Bについて軽く評論(苦笑)。
Aさんは、私も好きな作家さんで、番組もとても面白かったのですが、Bさんについては・・・黒沢さんが同様の違和感を感じていることにちょっと安心。価値観の異なる方の話を聞くのは、疲れますからね。

結論として、ブックトークは、子どもたちが本を読むためにやるものだということ。
ブックトークをどうやるか?ではなく、本を紹介する一方法なわけですね。
当たり前のことですが、その基本をおさえていれば、いい本を選ぶことがまず大事、テーマはなくてもいい、味付けし過ぎてトークショーになってはいけないなどなどがストンとおちてきます。
実は、私もいつの間にか、ブックトークは単なる本の紹介だけでなく、テーマを持たなければならない・・・などと思いこんでいたふしがあります。
1冊でも何冊でもブックトークになる。
大事なのは、目的を間違わないこと!

なお、教科書に「ブックトークをしよう」という単元があるのですが、
あれは、子どもたちに発表させるのが目的で、ブックトークとは違うのでは?というご意見でした。
(別に目くじらたてているわけではなく、あっさりと)

実際にやる時の注意としては、いい本なのになかなか手にとってもらえない地味(?)な本を取り上げる。みんなが読む本は、取り上げる必要がない。
ポイントがずれないように、原稿を書くといい。
付箋は地味な色を使う。
大人と子供は感覚が違うので、テーマを決めるときなど注意する。

司書講習の講師をなさっているだけあって、お話がわかりやすく、面白かったです。
また、司書としての実体験を踏まえたお話は、とても参考になり、子どもたちのためにという気持ちが伝わってきます。
なにか、「ブックトーク」というしがらみ(?)から解放されたような感じがしました。
いい講習会でした。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する