鶴瓶の落語会

テレビでおなじみの笑福亭鶴瓶さん。
娘から、鶴瓶さんの落語はメチャ面白いらしいと聞いていたところに、
いわきで落語会があると知り、先週の土曜日に行ってきました。
ただ、残り少ないチケットをやっと入手したので、席は大ホールの脇のベランダ席、ちょっと遠くて見ずらかったのが残念。
でも、落語ですからね。

普通、落語会は、弟子がまず出て、なごやかになったところに、師匠が登場しますが、
鶴瓶さんは一人?
まず洋服姿で登場し、漫談。
NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」の裏話などで会場をわかせます。
その後、着物に着替え、いよいよ鶴瓶師匠の登場。
おかあちゃんとのバトル話。
笑い転げる逸話の最後に、母への愛情が滲み、ホロリとさせます。
最後は、新作歌舞伎にもなった創作落語「山名屋浦里」。
派手な着物に着替え、大道具も入れ、舞台はすっかり吉原に。
よく、テレビで鶴瓶さんが「師匠」と呼ばれるたびに、タレントにも一応、そういう呼称で呼ぶのかと少々違和感を感じていたのですが、とんでもない。
鶴瓶さんは立派な師匠です。今日の落語を聴いて実感しました。

もし、家族に乾杯で鶴瓶さんに遭遇したら(ないと思うけど(-_-;)、「師匠」と呼ぶぞ!


Category: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する