裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

おばあちゃんの民話茶屋

このところ、週末は郡山で過ごしてます。
そこで、かねてから気になっていた駅内の民話茶屋に行ってみました。
囲炉裏の舞台がそなえられ、そこで1日3回、1時間ほど民話が語られているようなのです。
開始時間の11時を1・2分ほど過ぎた頃に到着すると、おじいさんがすでに語り始めていました。
茶屋のコーナーになっているとはいえ、駅通路からも見えるように出入り口はガラスで、もちろん出入りは自由。
民芸品売り場やベンチもあり、待合室も兼ねています。
少々雑多な雰囲気です。
当然、民話を聞きたいと積極的な方ばかりではないはずで、
語る方も大変だわ~と気の毒になります。

しかし、本日のおじいさん、きっとこの場に慣れているのでしょう、聴衆の関心具合を気に留める風でもなく淡々と語っていきます。
ひとつ、10~15分ぐらい。語りが終わると、地元の桜の様子など話して場をもたせ、また次の話へ。
ふたつ、みっつと続くうちに語り手もノッテきている様子。
なんといったらいいのでしょうか。
囲炉裏端で一緒にお茶のみしながら、昔話を聞いているような、不思議な感覚になりました。
たぶんいろんな方が交代で語るのでしょうが、また別な方も聞いてみたいですね。

この「おばあちゃんの民話茶屋」は、郡山駅2Fにあり、
11時~、13時~、15時~の3回あります。ちょっとのぞくだけでもOKですから、ぜひ、寄ってみてください^^。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/1759-03ff4c1b