裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。
映画「FOUJITA」
2016年02月12日 (金) | 編集 |
画家、藤田嗣治を描いた映画です。
明日までしかやってないので、観てきました。

なんとなく予想はしてましたが、ストーリーらしいものがなく、画面が暗い、
画としては美しいのですが、テンポがあまりにもゆったりしていて、時々、『今、目をつむってた?』とハッとすることも(-_-;)。
決して、退屈で眠くなるわけではないのです。
何なんでしょう?

フランスで脚光を浴び、その後、戦争で日本に戻り、戦争画を描き、
戦後はその責任問題(?)に嫌気がさして、フランスに帰化してしまったらしく、
一連のそのあたりをどう表現するのかなと興味があったのですが・・・。
なにしろ、ストーリーらしいものがないので、さらりと。
結局、藤田嗣治は芸術家だったということなのでしょうか?
映画の最後にもキツネが登場しますが、実際、キツネにつままれたような感じです。

なお、キャストに青木 崇高、福士誠治の名前がありましたが、どこにいたの?
もしかして、あのあたり?というぐらいしかわかりません。やっぱりキツネのせい?


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック