裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

ブックマーク

翻訳家の金原瑞人さんがYAの本の紹介冊子「BOOKMARK」を出しています。
個人では入手できないものと思いこんでいたら、申し込めばいいとわかり、2冊目をゲットできました。
送料代100円のみです。

映画とその原作本の特集で、それぞれの訳者による紹介なので、映画とどこが違うのかよ~くわかりますよ!
今年も、いろんな映画を観、原作本も読んでいこうと誓を新たにしました。

これもなかなか手に入らない(?)ものだと思います。
地元S市の広報紙に連載中の4コマ漫画、ブログで発信しているようでその書籍化です。

「昭和でれすけ白河まんが ぶんずのぼんこ」
全編白河弁なので、方言を勉強してみたいという人にはうってつけです(そんな人はいないと思いますが)
著者は私より若干若め(私の同級生の妹の同級生!←なんのこっちゃ(-_-;)ですが、昭和の香り漂う懐かし~い内容です。
ちなみに、私は地元の農協関連病院の売店でゲットしました。

マイナーな本ばかりでなく、広く流通している本も。
「中野のおとうさん」北村薫 
これは、赤木かん子さんのおすすめでした。ミステリー好きのかんこさんですから、どんなミステリーが・・・と読み始めたら、意外な展開。
これもミステリーなんですかね?
読んでるうちに、この親子が三浦しをん親子のように思えてきて、なんだかおかしかったです。
いや、しをんさんも書きそうな話に思えたのですが、自分たちの日常に近いから書けないのかなぁ~?などとね、まったく本の内容には無関係です。
北村さんは、初めて読んだのですが、とても面白かったです。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/1713-bab97667