裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

昔話の紙しばい作り

震災前、F町では地区ごとに婦人学級という活動があり、
女性たちが料理や手芸、地域の清掃など、地区ごとにいろんなことを実施していました。
現在は、バラバラに住んでいるものの、県内外に仮設住宅がある場所などいくつか集まれる場所ができています。
震災後は、そウいう場所をを拠点として、「生活学級」という名称で男女にかかわらず参加できるような取り組みがなされています。

今年度の生活学級では、町の昔話を紙芝居にしようという活動をしています。
以前に編纂した昔話集から地区(避難している地区のこと)ごとに話を選んでいますが、
白河地区は「南山のばかむこ」。
殿様にどじょう汁をごちそうしようとしたら、「ごぼうを加えろ!」といわれ、
ばかむこはどじょうにごぼうを「くわえ」させようとしますが・・・うまくいきません。
そこで、ばかむこは、どじょうにごぼうをしばりつけ、しょわせごぼうにいたしました、と差し出した(笑)。
という話です。

肝心の絵は、プロが手伝ってくれて、なんとかなり、
読みの練習です。
もともと方言で書かれているとはいえ、文章になっているので、少々固い。
参加者たちはふたば弁のプロ(?)ですから、あーでもないこーでもないと口にしながら、原稿がほぼ完成しました。

面白かったのは、
「~したんだと」という言い回し。Hさんが「~したんだっけ」とも言うよねと言ったところ、
プロ中のプロのAさんは、『「したんだっけ」は、過去のことで、話が終わっちゃうの』と違いを指摘。
へえ~~~~!
こうも言うよね、ああも言うよね・・・と、皆、久しぶりに存分にふたば弁を口にし、楽しい会になりました。

最近、方言で昔話を語ることに喜びを感じるようになってます♪

なお、どじょう汁を食べたい方、
道の駅はなわで、ペットボトル入りの生きのいいどじょうを売ってます(-_-;)。




Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/1650-34717178