裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。
金原瑞人鑑賞会
2015年08月22日 (土) | 編集 |
いや、そんな会ではありません。
正式には、アメリカのYAについての講演会です。
電車の時間の関係で、いつも開始ギリギリに会場へ到着。
今日はわりと空席があり、脇の列ながら真ん中あたりの席がとれ、よく見えました^^。

肝心の内容は、アメリカの歴史、社会、音楽、映画などの話が延々と・・・(-_-;)。
それはそれでとても面白く、『大学だったらここまでで、その後の本については学生に考えさせる』と言ってましたが、
今日はちゃんと文学についても話してくれました。

それにしても、YAの概念の話にはびっくり。
私としては、どこからどこまでをYAというのか?という意識でしたが、
そもそも、人間社会においては、昔は「大人」しかいなかった。
それが、「子ども」と「大人」の2層社会になり、それからその中間に「若者」層ができ、現代では「大人」の上にもう1層できている。
だから、その「若者」がいわゆるYAというわけ。
でも、今じゃ、その「若者」も何層もありそうですよね?

午後には、翻訳についての話も出て、そっちになったらまあ金原さんのノリのいいこと。
少年のようにキラキラした目をしてました。
こんなんだから、いつまでも若くいられるんですね。
終わりに質問をしたおかげで、見つめあう(!)こともでき、行った甲斐がありました(笑)。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック