裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

名作「金閣寺」

避難前から続けている読書会、今回の課題は三島由紀夫「金閣寺」です。
金閣寺 (新潮文庫)金閣寺 (新潮文庫)
(2003/05)
三島 由紀夫

商品詳細を見る

恥ずかしながら、三島由紀夫の作品は読んだことがありませんでした。
「金閣寺」にしても、金閣寺炎上事件をもとにした物語らしいという程度。
そもそも短編と思いこんでいたので、文庫本を手にして・・・あれ?長い!(-_-;)

読み始めてみると、書いてあることがわからない???
どう見ても日本語で書いてあるはずなのに。
何度も読み返すので、なかなか先に進まないのです。
それでも金閣寺に行ったあたりから、なんとか三島の文体にも慣れ、流し読み(?)ができるようになり、読み終えることができました。
終わってみれば、なかなか興味深い作品でした。
耽美的な華麗な文章は、突っ込みどころ満載のギャグのようでもあり、
そう感じたのは私だけではないようで、
面白い評論も見つけてしまいました。
金閣寺の燃やし方 (100周年書き下ろし)金閣寺の燃やし方 (100周年書き下ろし)
(2010/10/29)
酒井 順子

商品詳細を見る
文庫にもなってます。
三島由紀夫の「金閣寺」と、水上勉「五番町夕霧楼」「金閣炎上」の比較です。
興味のある方はこちらもどうぞ。






Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/1569-6498d228