裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

初仕事 まだまだ続く

お昼休みには、図書室で学校司書のHさんと歓談。
こちらI市は、資格を問わないので、Hさんも司書の資格はないそうです。
そのかわり、市の研修が1学期は月2回もあり、現在も定期的に研修があるとのこと。
Hさんは小規模校ばかりとはいえ、4校(!)掛け持ちです。
この学校にも毎週月曜だけ出勤しているそうで、せっかくいい方なのに週1勤務ではどの学校も勿体ないなぁ~と思いました。
学校司書の配置が考えられるようになったのはいいのですが、
専任はなかなか難しく、掛け持ちもせめて2校程度に抑えて欲しいものです。

午後は、5・6年生です。
普段、本を読みますか?と聞いたところ、即座に「読まない・・・」と答えた男の子がいたので、
上手に泳げたり、速く走れたり、サッカーがうまくできたりと同じように、本を読むことも楽しめるようになると、世界が広がると思うので、今日はいろいろな本を紹介しますと言ってみました。

テーマは「目に見えるもの、見えないもの」(ちょっとこのテーマに固執しすぎ?)
・絵本「きらきら」
きらきらきらきら
(2008/11)
谷川 俊太郎、吉田 六郎 他

商品詳細を見る
顕微鏡でしか見えないもの。冬ならではの雪の結晶の写真絵本です。

・朗読「アディ・二ハスの英雄」(「山の上の火」より)
山の上の火―エチオピアのたのしいお話 (岩波おはなしの本 (4))山の上の火―エチオピアのたのしいお話 (岩波おはなしの本 (4))
(1963/07/18)
ハロルド・クーランダー、ウルフ・レスロー 他

商品詳細を見る
高学年はおとなしく聞いてくれるけど、どう感じているのか反応がないのでとってもやりにくいです。

・「土のコレクション」
土のコレクション (ふしぎコレクション)土のコレクション (ふしぎコレクション)
(2004/02)
栗田 宏一

商品詳細を見る
普段見ているはずの地面の色、こんなにカラフルなんですよ。
ちょうどいわき市の土も載っていました。
校長先生がこの本をとても気に入ってくれたようです(苦笑)。

・「視覚ミステリーえほん」
視覚ミステリーえほん視覚ミステリーえほん
(1999/05)
ウォルター ウィック

商品詳細を見る
これにはさすがに反応!不思議そうにしてました。

・クイズ 体を動かして欲しかったので、答えがわかってもわからなくても挙手してもらおうと思っていたのに、すっかり忘れてしまいました。ダ洒落の漢字クイズでしたが、こちらも反応が悪かったですね~(-_-;)。

・「負けるな、ロビー!」
負けるな、ロビー! (評論社の児童図書館・文学の部屋)負けるな、ロビー! (評論社の児童図書館・文学の部屋)
(2008/09)
マイケル モーパーゴ

商品詳細を見る
読みやすい本ということで選書。闘病といっても重くならず明るい内容なので話もしやすい。

・「ぼくのニセモノをつくるには」
ぼくのニセモノをつくるにはぼくのニセモノをつくるには
(2014/09/20)
ヨシタケ シンスケ

商品詳細を見る
見た目は軽いけど、ニセモノをつくるために自分を内省するおもしろい本です。ニセモノづくりは成功するかな?と聞いたら、「失敗する」という声。
自分は唯一の存在だとわかっているいい子たちですね。

・「めぐりめぐる月」
めぐりめぐる月 (ユースセレクション)めぐりめぐる月 (ユースセレクション)
(1996/06)
シャロン・クリーチ

商品詳細を見る
こちらの古い版で紹介。

今、これを打ちながら、テーマは「思い込み」でもよかったかなと思えてきました。目に見えるもの、見えないものは、ちょっとあいまい過ぎますね。もう少し狭義なことばのほうが良さそうです。


全体の反省として、
〇導入に工夫が必要。
 低学年はやさしそうにニコニコしてると、けっこうノッテくれるけど、高学年をノせるには、それだけではダメ。
 面白そうなことを言いそうだと引きつける何かが欲しい。

〇選書
 今回は、わりとテーマ先行だったので、読み物を選書するのが難しかった。あわせる絵本は選びやすいので、イチオシの読み物からテーマを決めたほうが組立てしやすいかもしれない。

それでも、依頼してくれたE先生は、子どもたちにいい刺激になったブックトークだったと評価してくれたので、ちょっとホッとしました。紹介した本を読んで楽しんでくれるのが一番ですが、へぇ~こんな本もあるんだ、と本に顔を向けてくれることを願って企画したブックトークでした。

長々と書き連ねましたが、
もし、うちの学校にもブックトークに来てほしいと思った方は、コメント欄へどうぞ書き込んでください。
前向きに考えたいと思います^^。
(ちょっとずうずうしいかな?)




      


Comment

初仕事お疲れ様でした。

ステキなブックトークですね。
私も聞きたかったわ♪
反応が少なかった高学年も「へぇ~こんな本もあるんだ」と思ってくれたと思いますよ。
我校でも!と言いたいところですが(^^ゞ

学校司書配置は進んでも掛け持ち校数が増えるだけでは、『日本エレキトル連合』よね。
2015.01.24 08:25 | URL | ゆめりー #- [edit]
コメントありがとう
いやぁ~、呼んでくれるならどこまでも・・・といいたいところですが、実力もネームバリューもない身ですからね(-_-;)。
お声だけでも嬉しいです。

学校司書全校配置は、週1日でも朝読書実践と同じ考え方でやられたら困りますよね。
それこそ税金の無駄遣いになってしまいます。




2015.01.24 08:48 | URL | 森クマ #- [edit]
お疲れ様!
よくよく練られた内容であっても、未知の高学年に対して行うのは結構勇気がいりますね。ムードメーカーが一人でもいてくれると助けになってくるでしょうが。
学校司書の仕事は環境整備や資料集めだけではないですから、1校専任に近づいていってほしいですね。
森クマさんにも依頼が来ますように。せっかくの技術、埋もれさせては勿体ないです。
2015.01.26 21:58 | URL | nora-taka #5Y53f.0k [edit]
コメントありがとう
そう、惹きつける技術が欲しいです。
だから、最初に「読まない」とボソッと言ってくれた子には感謝です。能面が一番キツイですよ。

学校司書配置という概念が広まっていることは確かですが、3歩進んで2歩下がっているような・・・。

2015.01.26 22:40 | URL | 森クマ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/1533-d0a7c817