裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

初仕事!

震災前に一緒に勤務していたE先生から、ブックトークの依頼があり、
無謀にも全学年にブックトークをやらせていただきました。
小規模校なので、低・中・高と3つにわけても、それぞれ20~30人程度。
それならと引き受けた仕事でした。

この時期心配なのは、まずお天気でしたが、晴天に恵まれ無事到着。
最初は、1・2年生から。低学年は、ブックトークというより、読み聞かせを主に構成しました。
テーマは「のりものにのって出かけよう!」
・絵本「でんしゃにのって」
でんしゃにのって (うららちゃんののりものえほん)でんしゃにのって (うららちゃんののりものえほん)
(1997/06)
とよた かずひこ

商品詳細を見る
最初の絵本は、テーマにぴったり合った本で、わかりやすいもの。ノリのいい子どもたちで、次の駅名を聞くだけで、わくわくしているのがわかります。ビッグブックで読みました。

・絵本「おたすけこびと」
おたすけこびとおたすけこびと
(2007/02)
なかがわ ちひろ

商品詳細を見る
今度はいろんなはたらく車が活躍する絵本です。
何ができるのか?「プリン?」「ケーキ?」の声が^^。
どんなに大きなケーキかと思ったら普通のだった・・・と、ちょっと残念がる声もありました。

・絵本「まじょのほうき」
まじょのほうき (おはなしのほん)まじょのほうき (おはなしのほん)
(2004/06)
さとう めぐみ

商品詳細を見る
それでは、まじょの乗り物といったら?「ほうき!」というわけで、この絵本。
次々ものが変わっていくので、「どうぞのいす」みたいで面白かったという感想がありました。

・絵本「うまかたやまんば」
うまかたやまんば (日本傑作絵本シリーズ)うまかたやまんば (日本傑作絵本シリーズ)
(1988/10/01)
おざわ としお

商品詳細を見る
それでは、むかしむかしはどんな乗り物にのっていたのかな?子どもたちからは、馬車、かご、馬などでました。
こわいやまんばが登場する正統派で、馬の脚が1本ずつ取られるところが昔語りらしい絵本です。
子どもたちの感想でも、かなり印象に残った場面になったようです。

・手遊び ごんべさんの赤ちゃん
 なにか、乗り物に関連する手遊びをと思いましたが、思いつかず、絶対はずさないいつものこれにしました。
ごんべさんの「振り」の時に、手拭いをあごの下でギュッと結ぶのよ、と言うだけで、子どもたちの振りもしっかりします。

・「たからものくらべ」
たからものくらべ (福音館創作童話シリーズ)たからものくらべ (福音館創作童話シリーズ)
(1991/03/20)
杉山 亮

商品詳細を見る
おもちゃのヘリコプターをめぐって、二人がたからもののとりかえっこをするところを紹介。
結局、ヘリコプターは蚊帳の外になってしまうというオチ(?)なのですが、ちゃんとそこに気が付いてくれました。

・「ねこの手かします」
ねこの手かします (わくわくえどうわ)ねこの手かします (わくわくえどうわ)
(2008/06)
内田 麟太郎

商品詳細を見る
これも実は、のりものという切り口で紹介するには少々無理があるのですが、パトカーの場面から始めることでなんとかなりました(-_-;)。
シリーズになっているので、次々読んでくれるといいなぁと思い選びました。

ここで終わりにしてもよかったのですが、
なるべく絵本を読んであげたいので、最後にいろいろな乗り物が出てくる絵本として
わゴムはどのくらいのびるかしら?わゴムはどのくらいのびるかしら?
(2000/07)
マイク サーラー

商品詳細を見る
ビッグブックで読みました。時間も十分あったので、1枚1枚、ゆっくり見てもらえました。
読む前に「乗り物がたくさん出てきますよ」とひと声かけたせいか、
最後の場面で、ちらかったおもちゃを見て、「アッ!」と何か感じた子がいましたね^^。


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/1531-bb4a7b49