裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。
パンプキン
2014年10月25日 (土) | 編集 |
この時期、パンプキンといえばハロウィンの話題だと思うでしょうが、まったく別物。
副題にあるように、太平洋戦争に使われた「パンプキン爆弾」の話です。
パンプキン!  模擬原爆の夏パンプキン! 模擬原爆の夏
(2011/07/27)
令丈 ヒロ子、宮尾 和孝 他

商品詳細を見る

パンプキン爆弾とは、原爆の練習用に日本各地に落とされた爆弾で、形がかぼちゃに似ていることからパンプキンと呼ばれたもの。この本を読むまで、私自身もパンプキン爆弾のことはまったく知りませんでした。
だから、主人公の小学生の女の子と一緒に、この爆弾のことを調べているような気になりました。
同じ年頃の子供たちも、きっとすんなり受け入れられるんじゃないかしら。
この本を読んで、自分の住んでる地域にも、昔、爆弾が落とされていたと知ったら、戦争が身近に感じられそうです。

夏の本だけど、季節を選ばず読んで欲しいです。






コメント
この記事へのコメント
私も前任校で高学年に紹介しました。日本史を学ぶ6年生にもいいし、主人公が5年生だから5年生にもいい。何より作者が『若おかみは小学生』の令丈ヒロ子さんですから、子供が興味を持ってくれますね。
2014/11/01(土) 00:37:45 | URL | nora-taka #5Y53f.0k[ 編集]
コメントありがとう
評判いいんですね。

前任校で紹介済みという言葉に、改めて出版年を確認しました。
とっくに出てたんですね~。
最近、新しい本に疎くて、がっかりします(-_-;)。

2014/11/04(火) 09:04:24 | URL | 森クマ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック