裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。
「学校図書館に司書がいたら」
2014年09月22日 (月) | 編集 |
なぜか、画像が出ません!?

以前、「鍛えよう!読むチカラ」を読んだときに、辛口の批評をしたことを今でも覚えてます。
それは、同じ方が執筆者に含まれていたのに、物語の読書に偏った内容に失望したからでした。
でも、今回のこの本は、
それをみごとに払しょくしてくれました!
中学校での実例ですが、小学校でも同じです。
学校図書館と公共図書館の違いは、ここにある。
学校司書は、こんなことができるから必要なんです。

実は、読み始めてすぐに仕事をしていたころを思い出して、涙が出てきてしまいました。
まるで、安西先生に「バスケがしたいです・・・」と言った三井クンです。←オタクなたとえですみません(-_-;)。

先日、震災前に授業で何度か協働した先生から、
ブックトークの依頼がありました。
こんな私でも少しでも役に立てるなら、嬉しいなぁ。






コメント
この記事へのコメント
良い本ですよね。
ブックトークはどんなテーマですか?先生からの依頼だと教科関連?それとも秋のお楽しみブックトークでしょうか。楽しみですね。
2014/09/23(火) 23:26:47 | URL | nora-taka #5Y53f.0k[ 編集]
拍手コメントもありがとう
とてもわかりやすくまとめられていて、素晴らしい!です。
で、支部会には部外者は参加できませんか?
毎回、高度な内容に驚いてます。
学校間格差が広がるばかりだなぁ~(-_-;)。

ブックトークの内容については、まだまだこれから相談です。
たぶん、外部講師の依頼許可がおりたという段階ではないかと思われます。
こういうことにエネルギーを使わなくて済むと、話が簡単なんですけどね。












2014/09/24(水) 15:17:00 | URL | 森クマ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/09/29(月) 23:53:54 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック