裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

「図書館があるということ」

連日の暑さにちょっと負けそうですが・・・
声をかけていただいたので、講演会に出かけてきました。
県立図書館移転30周年記念事業です。
移転の数年後に、同じ市内に住むことになり、当時はよく図書館周辺に来てました。
(図書館にではない・・・(-_-;))


さて、本日の講師は国立国会図書館長、大滝則忠氏。
講演の題は、漠然としてましたが、図書館職員専門研修会も兼ねているので、
内容は、かなり具体的で充実してました。
今日のお話をまとめると、「図書館概論」の単位論文が書けそう!?

図書館とは『人類の記憶を伝える社会的な装置』
「図書とは人類の記憶を保存する社会的な手法のひとつであり、
図書館はこれを生きている個人の意識に還元する社会的な装置のひとつである」 byピアス・バトラー

この話を聞いて、「ザ・ギバー」を思い出しました!
ザ・ギバー―記憶を伝える者 (ユースセレクション)ザ・ギバー―記憶を伝える者 (ユースセレクション)
(1995/09/20)
ロイス・ローリー

商品詳細を見る

今は、復刻版が出てますね。
ギヴァー 記憶を注ぐ者ギヴァー 記憶を注ぐ者
(2010/01/08)
ロイス ローリー

商品詳細を見る

来週のブックトークに、入れることにします^^。

さて、このあと話は、図書館の協働のことになり、
後半は、地域資料の協働、デジタルアーカイブWARPのことなど、盛りだくさん。
やはりこれからの時代、情報化抜きには、図書館もやっていけません。
先を見通す力が必要です。

私も、せめてスマホを使いこなせるようにならないとね~(-_-;)。






Comment

拍手コメントありがとう
ブックトークでしょうかいするため、ギバーは急いで、再読中です。
復刻版も読まないといけませんよね~(-_-;)。

ネットでいろいろ検索したら、この夏、全米で映画が封切りになるみたいです!
監督もすごい人のようだし、メリル・ストリープとか有名どころが出演するので、かなりの話題作になるのではないでしょうか?
そして、未邦訳ですが、「ザ・ギバー」の続編2作も出版されていて、3部作として完結してるらしいです。
映画にあわせて、邦訳版を期待してます。
2014.07.28 13:06 | URL | 森クマ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/1448-1e6ad737