裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

「ないています」は、現在形だよ?

ほうれんそうは ないています (ポプラ社の絵本)ほうれんそうは ないています (ポプラ社の絵本)
(2014/03/10)
鎌田 實

商品詳細を見る
昨夜、石原環境相の「最後は金目・・・」発言を聞いたところで、
この絵本を読んだものだから、
またこんな絵本が出たか!と、避難民は憤慨してしまった。
ネットで評判をみても、みな、素晴らしい絵本が出た、と好意的な意見ばかり書いてある(-_-;)。
作者のブログまで発見してしまい、よっぽど文句を送り付けようかと思ったものの、送り先がみあたらず断念。

しかし、いちゃもんをつけても仕方がない、とりあえず一晩寝て頭を冷やしてからと考え直した。

寝かせた頭で冷静に考えて気が付いたことがあった。
そうか、放射能被害をことさらに宣伝しなければならないほど、
普通の日本人は、事故のことなど、もうすっかり忘れているんだ。

でも、県内では、いまだに毎日ニュースは、「東日本大震災で・・・、東京電力福島第1原子力発電所では・・・」という言葉で始まることが多い。
そんな立場からすれば、ほうれんそうが今も泣いてばかりいては、生活できないのです。
放射能汚染を絵本にするのは自由ですが、せめて、あとがきに福島県産のホウレンソウはすべて放射能検査をしてから市場に出ていること、泣いていたおじさんおばさんたちも、今は頑張って農産物を生産しているであろうことに触れて欲しかったです。

やっぱり、いちゃもんか?(-_-;)




Comment

No title
この絵本、私もネットで情報は見たけど、まだ現物は見ていません。
こちらのスーパーでも、福島産と表示した野菜や果物が普通に売られていますよ。震災後は『復興支援』といちいち書いてあったけど、今はもう普通に置いてあります。うちは買ってますよ。
2014.06.18 00:12 | URL | nora-taka #5Y53f.0k [edit]
コメントありがとう
いちいち目くじらたてることもないし、書いてるほうは、被災者支援のつもりなんだということもわかってはいるのですが、ちょうどタイミングが悪かった(-_-;)。

児図研大会は、同じ福島県でも会津ではなく、宮城・山形との県境、穴原温泉だそうです。
県内とはいえ、ここからだと、都内に行くほうが簡単かもですね。

2014.06.19 13:18 | URL | 森クマ #- [edit]
緑陰図書になったそうです
森クマさま、こんにちは!

この本、読んでみて「なんだかな~」と思っていたのですが
全国学校図書館協議会の「緑陰図書」に選ばれたのを見て
やめてよ~!と思ってしまいました。

SLAは、この本を選ぶことが福島支援だと思っているのでしょうか?
風評被害を煽る結果になりかねないと思うのですが・・・
2014.06.28 14:51 | URL | oguma #MMIYU.WA [edit]
Re: 緑陰図書になったそうです
そうなんです。
私は、SLAのそのリストでこの絵本を知りました!
事故直後ならいざしらず、なぜ今になってという思いです。
作者のお二人は、良識ある熱心な反原発派(?)なので、共感するかたも増えると思うと複雑です。

絵本作家の降矢奈々さんが「外にいる私たち」と「中にいるみなさん」という表現をしていたそうですが、
理解しあうのはなかなか難しいですね。

2014.06.29 09:32 | URL | 森クマ #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/1438-116c5a51