裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

時代小説

最近、テレビドラマはNHKの時代劇ばかりです。
我ながら、情けない・・・そんな年齢になってしまったのか(-_-;)。
でも、言い訳だけど、
時代劇の風俗というか、筋よりもそんなことが面白いんです。
そして、上京して都内を歩いていても、路地裏をちょっとのぞくと江戸の風情が感じられて、また楽し♪
坂が多かったり、
くねくねした通りは、昔水路だったのかなぁ~?とか。
日本橋や八丁堀という地名に萌えデス(苦笑)。

そんなこんなで、最近読んだ本は、
霧の果て―神谷玄次郎捕物控 (文春文庫)霧の果て―神谷玄次郎捕物控 (文春文庫)
(2010/09/03)
藤沢 周平

商品詳細を見る
NHK-BSでやっていた「神谷玄次郎捕物控」の原作です。ドラマも頑張ってましたが、時間の都合上筋を追っただけになっていて、藤沢周平ワールドの再現には程遠い。
文庫が出ていたのを知らず、図書館で「藤沢周平全集」を借りて読みました。
全集には、「霧の果て」のほかに「獄医立花登手控え」も入ってます。
こちらも昔、ドラマ化されてるんですね。(見たことあるような気も・・・?)

そして、中途半端になっていた「妻はくノ一」シリーズを読破。
めでたしめでたしで、良かった^^と思ったら、ちょうど今月から後編のドラマが始まるようです。
うれしい~。

そして、時代劇ではありませんが、やはりドラマの原作
ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11)ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11)
(2010/09/09)
レイモンド・チャンドラー

商品詳細を見る
村上春樹訳です。
チャンドラーを読んだことがなかったので、この機会にと読み始めてます。
ドラマも見てるので、舞台はアメリカなのに、登場するのは浅野さんや綾野剛・・・(笑)。


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/1418-eee76ccc