裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

はじまりは図書館から

絵本は語る  ― はじまりは図書館から ―絵本は語る ― はじまりは図書館から ―
(2013/11/22)
草谷 桂子

商品詳細を見る

あまり聞いたことのない出版社(知らないのは私だけ?(-_-;)なのに、地元図書館に入っていたので、丁寧に選書してるのね~と思っていたのですが、著者の草谷さんは、地元図書館の司書さんとお知り合いらしいとわかり、俄然親近感がわいて手にしました。

題名にある通り、図書館が舞台になっている絵本や図書館に関する絵本が詳しく紹介されています。
それだけでなく、お話の中で、図書館にいって調べるという行為が日常的になされている場面がふくまれるものまで載っていて、草谷さんの見識の広さがうかがわれます。
たとえば、
デイビッドがっこうへいく (児童図書館・絵本の部屋)デイビッドがっこうへいく (児童図書館・絵本の部屋)
(2001/09)
デイビッド シャノン

商品詳細を見る
学校書館で本を読む授業が描かれているそうです。もちろん、デイビットがちゃんと本をよむわけがありませんが、オリエンテーションにぴったり!?かもしれません。

ぼく、ムシになっちゃった (世界の絵本コレクション)ぼく、ムシになっちゃった (世界の絵本コレクション)
(2002/07)
ローレンス デイヴィッド

商品詳細を見る
ムシになって困っているグレゴリーに友だちが、図書館に行ってなんていうムシになったか調べてみようという場面がある、とか。

こういう絵本を読みきかせに使うだけでも、図書館に対する意識が変わってくるかもしれませんよね。
詳しく紹介されているのは絵本ですが、児童書もリストが掲載されてます。
一度目を通しただけでは、使いこなせないので、購入したくなります。



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/1407-36ef6dd5