裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

クイズに当たりました!

新春早々、宝くじに当たったという友人に、いいなぁ~と思っていたら、
私もうれしい大当たりになりました。

3週間ほど前、絵本作家の川端誠さんが、こんなことをブログに書いていらっしゃいました。
ある人に贈り物をするために、浅草に買いに出かけた。
お祭り用品を扱うお店。
ビニール製もあるが、自然素材の物にする。
実用品だが、日用には使わない。
実物は初めて見るが、意外と小さい。
などのヒントをあげ、さて、何を買ったでしょう?というもの。

同様にブログをみた友人Hから、「なんだかわかった?」とメールが届く。
その時は、それどころでなく、まったくわからなかったけど、
後日、論文を提出してすっきりした頭の時に、もしかしたらあれかも?というものがひらめき、
勢いで川端さんにメールしてみたら・・・正解です!と返事があり、
賞品(?)にこの新作絵本「槍ケ岳山頂」を送っていただきました。
Hさんから聞かれなかったら、そのままになっていたかも、です。
Hさん、ありがとう^^。
なお、このあたりの詳しいことは、こちら(1月12日のブログ)コチラ(1月25日分)をどうぞ。



もちろんサイン入りです。


ご自身のブログに、この絵本に取り組んでいる様子をず~~~~っと書いていらっしゃったので、
実物を手にするだけで、こちらも感激。
いただいてから、何度か読みましたが、読むたび涙が・・・。
どうしてかしら。

男の子が、お父さんと槍ケ岳登山をする話ですが、
描いているのは、子どもを見守る父親の愛情だと思いました。
その目線で読んでしまうから、涙が出るんでしょうね。

子どもたちが小学生の頃、何度か一緒に近くの山に登ったことがありました。
せいぜい、千メートル程度の山で、子どもを見守るどころか、自分のことで精一杯でしたが、
そんなことを思い出しました。
絵本の帯に田部井さんが、茶臼岳に登ったことを書いていましたが、
今、私は、その茶臼岳を毎日眺めて暮らしています。
そのうち、登ってみようかしら・・・たぶん、ロープウェイになるでしょう(苦笑)。

とにかく、とってもいい絵本です。
明日発売、ぜひ、読んでみてください。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/1381-f91d2870