FC2ブログ

裏庭
裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。

「政と源」

政と源政と源
(2013/08/26)
三浦 しをん

商品詳細を見る
図書館に予約しておいたのが、やっと順番がまわってきました。
(まほろの新作もただ今待機中)

下町のじいさん二人組の話という設定が、有川浩の「さんびきのおっさん」とかぶっているような気がして、しばらく敬遠してました。、
「さんびきの~」は、ラジオドラマであらすじを知っている程度で読んではいないので、比べようがないのですが・・・、
冒頭の元やんちゃの弟子のためにじいさんたちがひと暴れするという部分は、ちょっと酷似しているようで、しをんさん大丈夫~?^_^;と心配してしまいましたが、
その後の展開は、あぶなげなく、しをんワールドに浸って楽しめました。

二人のじいさんの人生を読みながら、自分のこれまでとこれから(?)をふか~~~く考えさせていただきました。

つまみ簪という工芸品の情報も面白いですね。




もう後がない、通信教育は、暫定目標まで一応順調に進んでます。
なかなか戻ってこなかった「生涯学習概論」のレポート2本がパス。仕上げの論文題もなんとか書けそうな内容で、
胸をなでおろしてます。
先日、F判定で戻ってきたレポートも、再提出レポートがパスできたようで、こちらの最終論文題も一応理解できる内容なので、ちょっとホッとしました^^。
後は、論文を書くだけです。





関連記事

Comment

No title
笑って泣けて、ひさびさに楽しい本を読みました。
やはり小説は楽しく読めるのがいいですね。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
2014.05.27 14:43 | URL | 藍色 #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://uraniwa.blog7.fc2.com/tb.php/1374-82f98501
「政と源」三浦しをん
簪職人の源二郎と元銀行員の国政は、ふたり合わせて146歳の幼なじみ。弟子の徹平と賑やかな生活をおくる源二郎と、男やもめの国政を中心にまき起こる、人情味豊かで心温まる事件の数々。 下町を舞台に繰り広げられる人情物語。三浦しをん、新境地! 東京都墨田区Y町。つまみ簪職人・源二郎の弟子である徹平(元ヤン)の様子がおかしい。どうやら、昔の不良仲間に強請られたためらしい。それを知った源二郎は、幼な...