裏庭へようこそ! 森クマのひとりごと、愚痴がつづってあるだけです。 見ないほうがいいかも…^^;。
いそぐなよ
2013年11月11日 (月) | 編集 |
木の葉ふりやまず いそぐな いそぐなよ  加藤楸邨

う~ん、まさにこの時期の句ですね。
タイヤ交換も早めにしないといけないかしら?

さて、児童サービス論の勉強にもなるこんな絵本をみつけました。
図書館に児童室ができた日: アン・キャロル・ムーアのものがたり (児童書)図書館に児童室ができた日: アン・キャロル・ムーアのものがたり (児童書)
(2013/08/08)
ジャン ピンボロー

商品詳細を見る

裕福な家の子供だったから・・・と言ってしまえばそれまでですが、こういう人がいたからこそ今の児童サービス、学校図書館があるんですね。
絵本なので、簡単に話がすすみますが、後書きにもうすこし詳しいことが補足してあります。
子どもに読む場合にも、やはり簡単に補足が必要でしょうね。


コメント
この記事へのコメント
新刊情報を見て学校で購入を迷って、結局見送った本でした。補足説明が必要な絵本ですか。私も今度公共図書館で読んでみます。
2013/11/13(水) 23:29:23 | URL | nora-taka #-[ 編集]
最近、図書館関係の本が本当にいろいろ出てますね。
今までなかったから、読めばたしかにナルホド!なんですが、
授業に必要か?と言われれば、なくてもさほど困らないような気もします。

絵本は、丁寧に書いてあるので、6年生なら理解するとは思います。
ただ、今の子供たちは、かえって恵まれた図書環境にいるので、
昔は、女性や子どもが図書館に入れなかったという状況がピンとこないのではないかな?
と思い、「補足が必要」と書きました。

2013/11/14(木) 19:47:11 | URL | 森クマ #LwOfu9Ho[ 編集]
なるほど(^^)
2013/11/15(金) 21:50:10 | URL | nora-taka #5Y53f.0k[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック